巨人原監督が九回マウンドへ 申告敬遠で満塁→投手交代の執念采配で逃げ切り成功

巨人原監督が九回マウンドへ 申告敬遠で満塁→投手交代の執念采配で逃げ切り成功

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/04
No image

広島に勝利しナインを出迎える巨人・原辰徳監督(撮影・立川洋一郎)

「広島2-3巨人」(3日、マツダスタジアム)

巨人・原辰徳監督が、執念の采配を見せた。3-2と1点リードの九回、3番手の中川が1死としたところで抑えのビエイラを投入した。しかし連続安打を許して1死一、二塁のピンチを招くと、5番手の桜井にスイッチ。暴投で二、三塁としたが石原を空振り三振に仕留めて2死とすると、原監督自らマウンドに向かって桜井に声を掛けた。

続く菊池涼を申告敬遠で満塁とすると、ここでさらに投手を交代し、左の高梨を投入。高梨が代打の田中広を二ゴロに打ち取って、逃げ切りに成功した。

試合後、原監督は九回の執念継投について問われると「執念というか…(笑)。ベストを尽くしたと言うことでしょうな」と説明。厳しい接戦を勝ち抜いたことが次戦以降につながるかと問われ「と、思いますね。はい。まあ、逆転だしね、僅差の中でね、こうやってどんどん強さが増してくれるといいですね」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加