巨人・立岡 今季初安打初打点の次は試合を決定づける1号3ラン!一挙4打点荒稼ぎ

巨人・立岡 今季初安打初打点の次は試合を決定づける1号3ラン!一挙4打点荒稼ぎ

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/09/18

◇セ・リーグ 巨人―阪神(2020年9月16日 東京D)

No image

<巨・神>5回無死、立岡は右越え3ランを放ち、ガッツポーズ(中央)(撮影・坂田 高浩)

巨人の立岡宗一郎外野手(30)が第2打席の今季初安打初打点に続いて、5回の第3打席では試合を決定づける1号3ラン。一気に4打点を荒稼ぎした。

立岡は「8番・左翼」で先発出場。1―0で迎えた4回、1死二塁で入った第2打席で阪神先発右腕・青柳がフルカウントから投じた8球目の低めツーシームを中前に弾き返し、今季通算3打席目で待望の初安打初打点を記録すると、4―0で迎えた5回には2番手右腕・桑原が投じた初球の内角144キロ直球を右翼スタンドへ叩き込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加