広島市には“準じた措置”で最終調整 西村大臣

広島市には“準じた措置”で最終調整 西村大臣

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/01/15

動画を見る(元記事へ)

西村経済再生担当大臣は広島市について、感染が増加し、医療体制が逼迫(ひっぱく)しているとして緊急事態に準じた措置を取る方向で最終調整していると述べました。

西村経済再生担当大臣:「県全体ではなく、広島市を対象として準じた措置を講じる方向で検討を進めたい」

西村大臣は広島県の湯崎知事と意見交換し、広島市の感染状況がステージ3からステージ4に近付きつつあるとして、緊急事態宣言に準じた措置を講じる検討を進めています。

正式に決定されれば広島市は今後、飲食店への営業時間の短縮要請やイベントの制限など緊急事態宣言の対象地域と同じ対策を取ることが求められ、国からは対象地域と同様の支援を受けることになります。

広島市の人:「他の東京とか(緊急事態)宣言が出てますので、広島市だけを見たらやむを得ないのかなと」「結構もうずっと自粛というか家にずっとこもってるので影響はない。家で楽しめてるって感じですね」「(Q.なかなか外出できないのどう?)仕方ないとこある。何とも言えない。なりたくもないしね。自分らもかかりたくないから」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加