電通、「声」で企業の経営課題解決を支援するサービスを開発

電通、「声」で企業の経営課題解決を支援するサービスを開発

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/09/15
No image

電通ビジネスデザインスクエアとFuture Creative Centerは9月15日、「声」で企業の経営課題解決を支援するサービス「KOELUTION」を企業向けに開発し、サービスパッケージとして、音声コンテンツで社内コミュニケーションのDXを推進する「KOELUTION For Inner DX」の提供を開始することを発表した。

電通、さまざまなマーケティングデータ活用のテレビ広告枠購入手法を開発

KOELUTIONは、音声プラットフォーム「Voicy」を活用し、経営者や従業員自身が音声コンテンツを発信することで、文章だけでは伝え切れない、体温が感じられるコミュニケーションを実現するサービス。

あえて音声のみとすることで、"ながら聞き"ができる利便性に加え、動画よりも気軽に編集でき、文章よりも情報に対する理解度や発信者への親近感を高める効果が期待できるとしている。

今回、KOELUTIONのサービスパッケージの1つとして提供を開始する「KOELUTION For Inner DX」は、社内コミュニケーションのDX推進に特化した音声ソリューション。

オリジナルメソッドにより企業の魅力を再発見し、組織課題を解決する具体的な音声コンテンツ企画をはじめとした声の番組表の開発をおこない、チャンネルの立ち上げから運用サポート・定期レポートの提供まで一貫してサポートするということだ。

音声コンテンツの例としては、創業者の思いや会社の沿革を踏まえ、ミッション・ビジョン・バリューに込めた思いを経営者が紹介する「創業ストーリーボイス」、ロールモデルとなる社員をピックアップする「トップランナーズボイス」、他部署の業務内容を横断的に把握できる部門紹介する「部門紹介トークリレー」など。

早川厚志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加