NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
Roland Cloudのソフトウェア音源がApple M1にネイティブ対応

Roland Cloudのソフトウェア音源がApple M1にネイティブ対応

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/22
No image

ローランドは、同社が運営する音楽制作のためのクラウドサービス「Roland Cloud」で提供しているソフトウェア音源が、Apple M1にネイティブ対応すると発表した。2021年7月21日の時点で28のソフトウェア音源が対応済みとなっている。

ローランド、音楽制作アプリ「Zenbeats」のバージョン2.0を配信開始

「Roland Cloud」は、音楽制作のためのコンテンツを提供するクラウドサービスで、高品位なソフトウェア音源やソフトウェアを利用できる。ソフトウェア音源は、かつてローランドが販売していたシンセサイザーやリズムマシンを独自のモデリング技術によって現代に蘇らせ、アマチュアからプロまで幅広いユーザーからの支持を得ている。

高精度のモデリング音源を使うには、コンピュータの高い処理能力を必要するが、今回、Appleシリコン(M1)を搭載するMacへのネイティブ対応によって、「Roland Cloud」の28の音源の性能をフルに発揮することが可能となった。

2021年7月21日の時点で対応している音源は以下の通り。
・ZENOLOGY
・SYSTEM-1
・SYSTEM-8
・JUNO-60
・TR-606
・D-50
・JX-3P
・PROMARS
・SH-101
・JUNO-106
・SYSTEM-100
・TB-303
・TR-808
・JUPITER-8
・JV-1080
・TR-909
・SH-2
・SRX BRASS
・SRX DANCE TRAX
・SRX ELECTRIC PIANO
・SRX KEYBOARDS
・SRX ORCHESTRA
・SRX STRINGS
・SRX STUDIO
・SRX WORLD
・SRX PIANO I
・SRX PIANO II
・XV-5080

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加