ルイス・スアレス、ユヴェントス移籍を否定

ルイス・スアレス、ユヴェントス移籍を否定

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/09/16
No image

ユーヴェ移籍はなし

FCバルセロナのストライカー、ルイス・スアレスは今夏のユヴェントスへの加入を否定している。『RAC1』が報じた。

ウルグアイのストライカーは15日にユヴェントスの提案を拒否、バルサを去るための他の選択肢を検討するという。理由としては、チャンピンズリーグ出場登録リストの提出期限である10月6日までにイタリア国籍取得が間に合わないことが挙げられる。

同じく『RAC1』の情報によると、スアレスは、クリスティアーノ・ロナウドの“パートナー”と言われる表現にも不快感を抱いていたようだ。

ユヴェントス行きを拒否したものの、スアレスの未来はバルセロナから離れている。バルサを去るための他の選択肢があり、残り1年の契約を解除してバルセロナの外で新たなステージをスタートさせる可能性は依然として高い。彼の下にはアトレティコ・マドリーからの誘いもある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加