JR和田岬線「103系」の車両が運行終了 多くの鉄道ファンが集まりセレモニー

JR和田岬線「103系」の車両が運行終了 多くの鉄道ファンが集まりセレモニー

  • 読売テレビニュース
  • 更新日:2023/03/20

国鉄時代の面影を残す「103系」の車両が18日、JR和田岬線での運行を終えました。

集まった多くの鉄道ファン。スカイブルーが特徴的な車両「103系」が18日、神戸市内を走るJR和田岬線での運行最終日を迎え、兵庫駅でセレモニーが行われました。

「103系」は国鉄時代に製造され、JR京都線や神戸線、阪和線などで活躍。和田岬線では、2001年から使われてきましたが、老朽化を理由に引退が決まりました。

「103系」は、加古川線などで運行が続きますが、国鉄時代の色の車両はなくなります。

読売テレビニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加