リーグワン、PCR検査1706件中119件が陽性 24チームに実施

リーグワン、PCR検査1706件中119件が陽性 24チームに実施

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2022/01/15
No image

「NTT ジャパンラグビー リーグワン2022」で使用されるボール(21年12月撮影)

ラグビーの新リーグ「リーグワン」は15日、13~14日に報告された新型コロナウイルスの核酸検出検査(PCR)結果を発表した。

検体採取は9~13日で、けがのために入院している選手などを除いた24チームの選手・スタッフを対象に実施。1706件の総数のうち、陰性が1587件、陽性が119件となった。

今季の公式戦は直近の検査で陰性および濃厚接触者に該当しない選手やスタッフが参加できる。リーグは5月のシーズン終了まで、1週間に1度の頻度で検査を実施していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加