巨人・坂本勇人が178度目猛打賞で福本&松井稼の歴代5位記録に並ぶ 現役最多2201安打

巨人・坂本勇人が178度目猛打賞で福本&松井稼の歴代5位記録に並ぶ 現役最多2201安打

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/26

◇セ・リーグ 巨人―中日(2022年9月23日 バンテリンD)

No image

<中・巨>2回、適時打を放った坂本は一塁でガッツポーズ(撮影・沢田 明徳)

巨人の坂本勇人内野手(33)が中日戦(バンテリンD)で6回までに3安打を放ち、8試合ぶり今季7度目の猛打賞をマーク。通算178度目となる猛打賞で福本豊(阪急)、松井稼頭央(西武)の持つ歴代5位記録に並んだ。歴代4位は野村克也(西武)の180度で、NPB最多は張本勲(ロッテ)の251度。

「2番・遊撃」で先発出場。初回1死走者なしで入った第1打席で相手先発左腕・上田の外角低め140キロ直球を中前打すると、2回の第2打席では吉川の二塁打で1点先制してなおも1死二、三塁で上田の外角チェンジアップを右前適時打。三走・大城を2点目のホームへと迎え入れた。

そして、4―1で迎えた6回だった。この回から登板した相手3番手右腕・祖父江からウォーカー、大城、井上の3連打で無死満塁。吉川の右前打を鵜飼が目測を誤って二塁打とする間に2点が加わり、6―1でなおも無死二、三塁とチャンスが続いた。ここで第4打席に入った坂本。祖父江が2ボール2ストライクから投じた6球目、外角スライダーを中前適時打とし、猛打賞達成となった。

6日のDeNA戦(東京D)でヤクルトの内川聖一内野手(40)に並んで現役最多タイとなる2185安打目をマーク。8日の同戦で現役単独トップの2186安打目を含む2安打で勝利に貢献した。試合前までに2198安打としていたが、この日の3安打を加えて通算2201安打となった。

坂本は10試合ぶりに“定位置”の「2番・遊撃」に入って先発した11日の広島戦(マツダ)で6回までに3安打。7月3日の広島戦(マツダ)以来70日ぶりとなる猛打賞を決めており、今回はそれ以来8試合ぶり今季7度目の猛打賞となる。

▼坂本 偉大な先輩方と並べて光栄です。これからも大事な試合が続くのでチームの勝利のために全力を尽くして頑張ります。

【通算猛打賞10傑】

(1)張本  勲(ロッテ)251度

(2)川上 哲治(巨 人)194度

(3)長嶋 茂雄(巨 人)186度

(4)野村 克也(西 武)180度

(5)福本  豊(阪 急)178度

(5)松井稼頭央(西 武)178度

(5)坂本 勇人(巨 人)178度

(8)立浪 和義(中 日)175度

(9)王  貞治(巨 人)171度

(10)広瀬 叔功(南 海)169度

※所属は最終、現役は坂本のみ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加