池上彰氏が解説「中国に損害賠償を求める『コロナ訴訟』の行方」

池上彰氏が解説「中国に損害賠償を求める『コロナ訴訟』の行方」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/06/01

Q 「コロナ訴訟」はどうなる?
 新型コロナウイルスの感染拡大の責任は中国にあるとして、政府などに訴訟を起こし、損害賠償を求める動きが広がりました。もし裁判が行われて判決が出た場合、効力が生じる可能性はあるでしょうか?(40代・男性・会社員)
A 国家に賠償を強制できるシステムはありません。
 相手が国家ですと、拒否をすればおしまいです。国家に賠償を強制できるシステムはありませんし、国際機関もあり

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加