カヌー・K4男子代表が五輪会場で初乗り 松下桃太郎「海だけどベスト出せる」

カヌー・K4男子代表が五輪会場で初乗り 松下桃太郎「海だけどベスト出せる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

公開練習を行ったK4東京五輪代表

カヌー・スプリントで男子カヤックフォア500メートルの東京五輪代表に内定している松下桃太郎、藤嶋大規(ともに自衛隊)、水本圭治(チョープロ)、宮田悠佑(和歌山県教育センター学びの丘)が16日、東京・海の森水上競技場で公開練習を行った。

12日から16日まで行われた今合宿は、東京五輪で同種目が実施される会場を使用。チームでの初乗りに松下は「こぎやすい。海だけど、ベストなパフォーマンスが出せる」とうなずいた。

日本のスプリント種目では2大会ぶりの出場となる来夏の大舞台。「(4人で乗り始めて)1年半くらい。まだまだ伸びしろがある」と松下が言うように、全員が成長を誓う。メダル獲得に向け、チームワークにさらに磨きをかけていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加