銀行キャラ「ワンク」で子どもたちにアートの機会を

銀行キャラ「ワンク」で子どもたちにアートの機会を

  • KBC九州朝日放送
  • 更新日:2022/11/26

イヌの人気キャラクターを使った子ども向けのデザイン教室が福岡県篠栗町で開かれました。

子どもたちが思い思いに色を付けているのは西日本シティ銀行のイメージキャラクター「ワンク」です。

糟屋郡篠栗町で開かれたイベントでは地域の子どもたちおよそ70人が九州産業大学・芸術学部の学生から配色などのアドバイスを受けながら自分だけのワンクを仕上げていきました。

ワンクは西日本シティ銀行が今年6月から銀行として初めてグッズ販売を行っていて売り上げの一部を子ども食堂などの支援や学びの場の提供に当てています。

子どもたちが色づけした「ワンク」は、来月10日から粕屋町の「イオンモール福岡」に設置されるクリスマスツリーに飾られるということです。

KBC九州朝日放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加