保育園で遊具に首が挟まれ...2歳男児が意識不明の重体 岡山市

保育園で遊具に首が挟まれ...2歳男児が意識不明の重体 岡山市

  • KSB瀬戸内海放送
  • 更新日:2021/10/14

14日午前、岡山市の認可保育園で2歳の男の子が遊具の隙間に首が挟まった状態で見つかりました。男の子は、意識がなく重体の模様です。

【写真(4枚)】岡山市北区富原の第二さくら保育園の遊具

(記者)
「事故があった保育園です。あちらの遊具のすき間に園児の首が挟まった状態で見つかったということです」

事故があったのは、岡山市北区富原の第二さくら保育園です。14日午前10時10分ごろ、園庭の複合遊具で2歳の男の子が首を挟まれて意識を失っているのを保育士が見つけました。

男の子は、病院に運ばれましたが重体の模様です。

警察によりますと、14日は2歳児クラスの17人が午前9時50分ごろから園庭で遊んでいたということです。

複合遊具で遊んでいた男の子の様子を確認しようと見守っていた保育士が近づいたところ、男の子の首が挟まれているのを発見したということです。

(園の保護者は―)
「仕事終わりで全然把握していない。原因が何か、そこじゃないですか」

警察では、園長や保育士から事情を聞くなどして当時の状況を調べています。

KSB瀬戸内海放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加