「ホンダでさえアロンソに降伏」40歳アロンソの7年ぶり表彰台に海外メディアが反応!本人は充実感「やっと辿り着いた」

「ホンダでさえアロンソに降伏」40歳アロンソの7年ぶり表彰台に海外メディアが反応!本人は充実感「やっと辿り着いた」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2021/11/25
No image

F1第20戦カタール・グランプリで、アルピーヌのフェルナンド・アロンソは3位フィニッシュを飾り、フェラーリ時代の2014年ハンガリーGP以来となる表彰台に立った。

40代でのポディウムは2012年ヨーロッパGPのミハエル・シューマッハー(当時メルセデス)以来となる偉業であり、健在ぶりを示したスペイン人ドライバーはレース後、かつてのチームメイトであるジェンソン・バトンによるインタビューで「7年ぶり、ついにそれを手にした。これまで幾つかのレースで表彰台に近づいたが、実現できなかった。最近では、ソチ(ロシアGP)で可能性があった。しかし今日、やっと表彰台に辿り着いた」と喜びを表わしている。

前回、表彰台に上がって以降、2015年からマクラーレン・ホンダ(当時)で4シーズンにわたって苦しい時期を過ごし、2018年からは米国インディーカーレース、ル・マン24時間などの耐久レースに参戦と、様々な経験を積み、40歳にして戻って来た最高峰レースの舞台。今季開幕当初は新たなF1に慣れるのに苦労したが、間もなくすると持ち前のドライビング能力と経験を活かし、見事なオーバーテイクショーや上位陣相手のフェアかつ巧みなブロックを披露するなど、アロンソは多くの見せ場を作り出してきた。

「これが自身98回目のポディウムだったが、97回目と98回目の間は長かった」「キャリアの中ではアップダウンがあり、良いことも悪いこともあった。だからこそ、この(3位の)トロフィーには多くの意味がある」と感慨深く語った彼は、また「次はそれほど待たずに済むといいね!」と冗談まじりながらも意欲を示し、さらに大きな目標も明かしている。

「今後の数年で何が起こるか予測するのは難しいが、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、そして強豪チームとタイトルを戦いたい。来季は(レギュレーションの変更により勢力分布が)リセットされ、速い車を作れるかどうかは我々次第となる。2022年は、昨季からの続きではなく、全ての者が同じ条件下に置かれる。その中で我々は、よりスマートに戦い、速い車を作る必要があるが、その準備はできている」

タイトル争いへの参戦を表明するとともに、まずは100回目の表彰台を目指したいとも語った40歳に対しては、関係者からも多くの賛辞が寄せられ、F1テクニカルディレクターのロス・ブラウンは、「フェルナンドが表彰台に上がるのは素晴らしかったし、アルピーヌの週末がうまくいくのを見るのも素晴らしかった。私はフェルナンドの大ファンであり、彼のような偉大な才能の持ち主が2度しか年間王者になっていないことを残念に思っている」と語った。

そして、マクラーレン時代に共闘したホンダからも「ベテランらしい素晴らしい走りで7年ぶりの表彰台を獲得したかつてのチームメイト、アロンソ選手におめでとうの言葉を贈ります」(田辺豊治TD)との祝福メッセージが公式サイトを通して贈られたが、これに多くの海外メディアが注目している。

というのも、かつてアロンソがなかなか性能が向上しないホンダのパワーユニットに痺れを切らして「GP2エンジンだ」と批判し、またインディーカーレース参戦時にはホンダ側が彼のドライビングを拒否したと報じられるなど、両者の間には深い因縁があったからだ。アロンソは先月、フランスのスポーツ紙『L’EQUIPE』でのインタビューで、キャリアにおいて後悔していることとして、「2015年か16年にF1を離れて、違うカテゴリーの経験をしておくべきだった」とも語っている。

こうしたことを踏まえ、スペインの放送局『laSexta』は「ホンダでさえアロンソに降伏。彼の元友人は“マジック”の“優れたスキル”を称賛した」と綴り、田辺TDがアロンソのタイヤ・マネジメントの能力の素晴らしさに言及したことを伝えた。

構成●THE DIGEST編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加