U-17日本高校選抜が始動。FW小林俊瑛(大津2年)「長所のヘディングやポストプレーは絶対に負けたくない」

U-17日本高校選抜が始動。FW小林俊瑛(大津2年)「長所のヘディングやポストプレーは絶対に負けたくない」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/11/25
No image

24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。190cm超の長身を活かしたヘッドとポストプレーを武器にU-17日本代表候補にも選出されている大津高(熊本)FW小林俊瑛(2年=藤沢市立鵠沼中出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●FW小林俊瑛(大津高2年)

―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。

「最初に思ったのは素直に嬉しかったですし、ここ最近代表の活動だったりに参加できていなかったので自分が成長できるかなと思いました」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?

「3試合あるので絶対全試合点を取るというのは目標です」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?

「自分の長所のヘディングやポストプレーは絶対に負けたくないです。選手権の予選とかもやっている中で自信にもなっていますし、やっぱりインターハイの流経(流通経済大柏)戦だったりというのはすごく自信になっているので、良くなってきているかなと思います」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい。

「選手権予選なので、9点取ったんですけれどもまだ足りなくて。決勝もハットトリックできたところを2点で終わってしまっているので、決定力というところだったり得点力というところはもっと磨いていかないといけないと思っています」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?

「(福田)師王です。常に意識しているので、そこは変わらないです」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?

「身近で師王とかとやる機会があるので、色々なものを吸収して自分の成長に繋げていきたいです。その中でもあと1か月くらいの選手権へ向けて、良いパフォーマンスができるように良い準備をして、全国制覇というのは大津高校としてずっと掲げているので、自分のゴールだったりでチームを勝たせていくというのが選手権の目標です」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2021

▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加