「リーグのレベルは関係ない」日本代表から落選した古橋亨梧&旗手怜央をポステコグルー監督が語る「W杯のような失望はないはず」

「リーグのレベルは関係ない」日本代表から落選した古橋亨梧&旗手怜央をポステコグルー監督が語る「W杯のような失望はないはず」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2023/03/18
No image

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、日本代表から落選した2選手について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

【写真】指揮官の顔から父の顔に!森保一監督が2人の息子と親子3ショット!

15日、国際親善試合に臨む日本代表メンバーが発表された。

カタール・ワールドカップ(W杯)をベスト16で終えた日本代表。森保一監督が続投した中での初陣を迎えるにあたり、26名が選出。ベテラン勢が外れた一方で、パリ五輪世代の選手も入るなど、入れ替わりが起こった。

その中で話題を呼んだのは2名の選手が招集外となったこと。それがセルティックのFW古橋亨梧とMF旗手怜央だ。

古橋は今シーズンのスコティッシュ・プレミアシップで20ゴールを決めて得点ランキングトップ。シーズンでは26ゴールを記録している。また、旗手はクラブのMFの中で最もプレータイムが長く、現地での評価もうなぎ登りだ。

しかし、その2名はカタールW杯でも落選していたが、今回のメンバーにも入らず。森保監督は「彼らは選ばれていても全くチームの戦力として問題なく活躍してくれると思う」とパフォーマンスを評価した一方で「リーグのレベル、置かれている状況もそれぞれ違うというのは各国違うこともあり、それを考えての招集」とも語っており、それぞれの置かれた状況を踏まえての招集でもあるとしていた。

この件を受けてポステコグルー監督がコメント。2人を改めて評価するとともに、リーグのレベルはあまり関係ないだろうとの見解を示した。

「2人とも本当に良いプレーをしているし、彼らが選ばれなかったということは残念だが、それが国際サッカーの性質だ。代表チームの決定にかかっている」

「(リーグレベルの発言は)無礼かという点では、あくまでも一個人の意見だ。あまり遠回りした結論を下すべきなのか、私にはわからない」

「来週ここに来れば、トレーニングしている選手があまりいないことがわかるだろう。その理由は、彼らが代表の活動でいないからだ」

「ワールドカップには5人の選手がいたが、大丈夫だった。大丈夫ということよりも、良かった。ヨシプ・ユラノビッチ、モリツ・イェンツがチームを去り、5大リーグのブンデスリーガで定期的にプレーしている」

「そのクラブに入れば、魔法のようにサッカーが上手くなるというのでなければ、個々の選手の選出にはリーグのレベルは関係ないだろう」

「1人の人の意見は、間違っているという意味ではない。ただ、そうであるという意味でもない」

また、今回落選したことを受けた2人の状態にも言及。2人なら問題ないだろうと語った。

「W杯の出場を逃すことほど失望することはないだろうし、2人の選手がどう反応したかを見ると、彼らは今まで以上に良いサッカーを見せている」

「彼らはどちらもとても意志が強く、何らかの方法でゲームのトップに立つはずだ」

「彼らが目の前にどんな困難を抱えていても、私は彼らが克服してくれると確信しており、私の役割は彼らがそれを達成することを助けることだ」

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加