北欧で大気中の放射線量が急上昇。発生源はロシアの原子力発電所か?

北欧で大気中の放射線量が急上昇。発生源はロシアの原子力発電所か?

  • カラパイア
  • 更新日:2020/07/01

北欧で放射線量が急増 /iStock 6月、北欧諸国で大気中の放射線量が急上昇していたことが明らかとなった。今のところ人体や生態系に影響を及ぼすことはないという。
 しかし観測所ではっきりと検出される程度には増加しており、大気中に含まれる人為的放射性物質の数値が上昇した旨が各国当局によって発表されている。
【他の記事を見る】飛行機に乗るとどれくらい放射線を浴びるのだろう?NASAがその測定結果を明

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加