鮮烈デビューの冨安健洋がプレミアでのプレーを語る「若い頃からの大きな夢」、岩渕真奈とは「良い関係」

鮮烈デビューの冨安健洋がプレミアでのプレーを語る「若い頃からの大きな夢」、岩渕真奈とは「良い関係」

  • 超ワールドサッカー
  • 更新日:2021/09/15
No image

アーセナルで鮮烈なデビューを見せた、日本代表DF冨安健洋が、チームのファーストインタビューに応じた。

【動画】アルテタ監督が冨安健洋について語る

移籍最終日にボローニャからアーセナルへと加入した冨安。日本代表での活動に参加した後、チーム合流した。

11日に行われたプレミアリーグ第4節のニューカッスル戦では、1日半のトレーニングでありながら先発デビュー。懐疑的な見方もあった中、攻守にわたって積極的なプレーを見せると、ファンの心を鷲掴み。62分でピッチを去る際には、大きな拍手が送られていた。

見事なデビューを果たした冨安は、インタビューでは移籍についてコメント。プレミアリーグでプレーすることが大きな夢だったと明かした。

「アーセナルは世界最大のクラブの1つです。ここに居られて興奮しています。プレミアリーグでプレーすることは若い頃からの大きな夢でした。ここに来られて嬉しいです」

「アーセナルの選手としてプレーできるとは想像もしていませんでした。とても興奮しています」

デビュー戦は右サイドバックでプレーした冨安。ボローニャ時代にはセンターバックや左サイドバック、そして以前はボランチでもプレーしたことがある。

ユーティリティ性が売りの冨安は、ミケル・アルテタ監督も高く評価。どこでもプレーすると語った。

「僕は両足でプレーできますし、ディフェンダーとしてあらゆるポジションでプレーできます。知的な選手だとも思っているなので、常に次の状況を読むことができると思います」

「僕にとっては、試合に出ることが一番大事なので、監督からストライカーをやれと言われたら、ストライカーをやります。僕にとっては、どのポジションでプレーするかは重要ではありません」

今季のプレミアリーグではリバプールに日本代表MF南野拓実が所属。なかなか出番はない状況。これまでも多くの日本人がプレーしたが、大きな結果を残した選手は少ない。

日本人がプレミアリーグでプレーする件については「今の所、日本人選手は僕を含めて2人、リバプールでプレーする南野選手がいます。プレミアリーグは、フィジカルが強いので、日本人選手がプレーするのは難しいと思います」とコメント。「でも、僕はプレミアリーグでプレーする準備ができていると思っています」と、自信をうかがわせた。

また、アーセナルには今季からなでしこジャパンのFW岩渕真奈が加入。女子チームでプレーしている。

岩淵との関係については「彼女にはすでにメッセージを送りました。「応援してます」と言ってくれましたし、僕も彼女を応援しています。良い関係です」と語り、同じクラブに所属する日本人として良い関係を築いていると語った。

ドイツ・ブンデスリーガ全試合LIVE配信!
>>詳しくはこちら

(C) CWS Brains, LTD.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加