阪神・小野寺、プロ初ヒット 記念球は母に

阪神・小野寺、プロ初ヒット 記念球は母に

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11
No image

5回、安打を放つ阪神・小野寺=札幌ドーム(撮影・水島啓輔)

(セ・パ交流戦、日本ハム2-4阪神、3回戦、阪神3勝、9日、札幌D)「7番・左翼」でスタメン出場した小野寺が、プロ7打席目で初ヒットを放った。「きのうから初球を一切、振れていなかったので、どんな球でも初球から振っていこうと思った。それがヒットにつながった」。五回、アーリンの122キロ変化球を捉えると、白球は二遊間を抜けた。

大卒2年目の今季、育成から4月に支配下登録された。前日9日は初のスタメン起用も4打数無安打。それでも矢野監督は2試合連続でチャンスをくれた。「何とか期待に応えたかった」。記念球は「お母さんにあげたいと思います」と、女手一つで育ててくれた母・由子さんへ送る。

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加