12星座別!おすすめの職業【天秤座~魚座】​​​​​​​

12星座別!おすすめの職業【天秤座~魚座】​​​​​​​

  • All About
  • 更新日:2022/01/15
No image

どんな仕事をやったらいいかわからない人も、心の奥底では、本当はこんなことやりたいということが漠然とあるのでは? 12星座別にぴったりな職業を考えてみましょう。

星座からわかる! あなたの適職は何?

どんな仕事をやったらいいかわからない人も、心の奥底では、本当はこんなことやりたいということが漠然とあるのでは? 言ったら恥ずかしい思いをするかもしれないと思うかもしれませんが、もしかしたら、その仕事はあなたに向いているかも。ここでは天秤座~魚座にぴったりな職業を考えてみましょう。

天秤座

愛と美の女神ヴィーナスを守護神にもつ天秤座はファッションセンスにかけては右にでるものなし。その抜群のセンスを生かせる、デザイナー・メイクアップアーティスト・スタイリストなどが向いています。社交的でさわやかで話しも上手なので、キャビンアテンダントやツアーガイドになればぱっと人目を惹く存在になれそう。飲食・ファッション・雑貨などのお店で接客すれば、あなたを指名するお客様が増えること間違いなし。

ただし、人と競争するのが苦手で、自分の手柄も人にゆずってしまうところがあるため、売り上げはいまひとつかも。

おすすめの職業:カウンセラー・バイヤー

蠍座

好きなことにはとことんのめり込むので、ひとつのことを徹底的にきわめる専門職が向いています。チームワークで勝負の仕事より、一人で頑張る研究員や弁護士・税理士のような仕事の方が手腕を発揮できて高収入が期待できます。また、華道や茶道・書道など伝統を継承していく仕事でその道の大家になれる可能性も大いにあり。変わったところで洞察力にすぐれているので、占い師や探偵になるのもいいかも。

愛想がいい方ではないので、営業や接客は不向き。ニコリともしないし、口を開けば怖いけど、味はぴかイチの行列ができる飲食店を経営できれば別だけど。

おすすめの職業:陶芸家・司法書士

射手座

自由を愛し、束縛されるのが大嫌いな射手座が、組織の中でやっていくのはなかなか難しい。その仕事がすごく好きで、割と自由にできる職場でない限りはフリーランスでやっていく方が向いています。海外志向が強いので、ジャーナリストやカメラマンなどになって日本から飛び出して世界的に活躍する人も多そう。

運動神経抜群なのでアスリートを目指せば賞をとるのも夢じゃないかも。こちらも団体競技より個人競技向き。後進の指導者になれば熱血コーチに。熱しやすくさめやすいのでいろんな職業を転々とする傾向あり。

おすすめの職業:貿易商・パイロット

山羊座

地道な努力を積み重ねていくタイプなので、どこにいっても、うまくやっていけること間違いなし。決して要領がいい方ではなく、自分のやり方にこだわるので出世は遅くなりがち。安定志向が強く、屋台骨がしっかりしている組織でないと将来不安になりそう。大企業でも明日どうなるかわからない時代ですから、国家or地方公務員を目指すのが一番安定するといえます。国家の仕事をする公共団体などに入るのもいいかも。

その半面、野心家で、将来的には会社を興したいとも思っています。それを実現して勝ち組になっている人も少なくなさそう。

おすすめ職業:大学教授・会社経営者

水瓶座

オールラウンドプレイヤーで頼まれれば自分の仕事以外のことでも器用にこなすので、あちこちから引く手あまた。報酬にはあまりこだわりのないタイプですが、感謝されて人脈がひろがっていくので、お金に困ることはなさそう。メカに強いので、IT関係の仕事に向いています。自分が表に出たいとはあまり思わない方なので、YouTuberになるとしたら、動物を主役にしたり、編集などの裏方にまわることが多いかも。

発想が奇抜なのでゲーム作家や漫画家・小説家として大ヒット作をだして大金持ちになれる可能性もなきにしもあらず。

おすすめ職業:エンジニア・カメラマン

魚座

奉仕の精神にあふれる優しい魚座は収入の多寡は考えずに、人のためになる仕事をしたいと望みます。介護士や看護師・社会福祉士・保育士などの仕事に就くと人々に喜ばれる仕事ができそう。でも、一番向いているのは、抜群の芸術的センスを生かせる美術の先生や学芸員(キュレーター)やカラーコーディネーターなど。

画家やイラストレーター・作詞家・小説家などのアーティストを目指したいところですが、それはなかなか難しいこと。見果てぬ夢になることも多いので、そこだけを目指さずに、まずは安定した収入を得ることを考えましょう。

おすすめの職業:美術館関係・アニメーター

教えてくれたのは……小泉茉莉花さん

占星術・神秘研究家。大学時代に偶然に手にしたタロットカードが神秘の扉を開き、タロットカード、西洋占星術、月占術、魔法など、神秘の研究を開始する。多くの雑誌でレギュラー連載を持つほか、著書多数。また、CD-ROMや家庭用ゲームソフトも手がけ、マルチメディアでも活動を展開している。
(文:あるじゃん 編集部)

あるじゃん 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加