宮崎県 不登校1923人 公立小中校、10年以降最多

  • 宮崎日日新聞
  • 更新日:2021/10/14

文部科学省が13日に公表した問題行動・不登校調査で、本県で2020年度に30日以上欠席した不登校の児童生徒が1923人(前年度比125人増)に上り、このうち公立の小、中学校は10年度以降で最多となったことが分かった。いじめ認知件数は1万820件で、前年度1万5171件から約3割減ったが、千人当りの認知件数は88・3件(全国平均39・7件)で全国2番目の多さだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加