フラワーサイクルアンバサダー・宮川南奈さんに聞く。地域の歴史と思いが育むアップサイクル品2選【日本発サステナプロダクト】

フラワーサイクルアンバサダー・宮川南奈さんに聞く。地域の歴史と思いが育むアップサイクル品2選【日本発サステナプロダクト】

  • OZmall(オズモール)
  • 更新日:2022/08/06
No image

オズモールとはじめるSDGsアクション。日本の暮らしの知恵と地域文化で生まれたプロダクトから”サステナブルチャレンジ”に挑戦しませんか? ロスフラワー(廃棄される花)の活用や認知拡大のため、フラワーサイクルアンバサダーとして活躍中の宮川南奈さん。廃棄されるものに新たなアイデアや価値感で別のものへと進化させる、アップサイクル品に注目。宮川さんに奈良県と神奈川県の地域文化が詰まった2選を教えてもらった。

宮川さんが推す、地域の歴史や文化を継承するアップサイクルアイテム2選

【奈良県】”HAREGI”のアップサイクルな服で、ハギレが晴れ着に生まれ変わる!

No image

ハギレで生まれ変わった、HAREGI捨てないTシャツ7040円

写真をもっと見る

洋服の生産過程で出る残布のハギレを捨てずに、T シャツのデザインの一部に活用したアップサイクル商品。この”HAREGI”は、環境負荷の少ない持続可能な服作りを目指す日本のブランド。インド刺繍のハギレのほか、広島県、岐阜県、奈良県など日本中から集め、それを使ってデザイナーの伊達文香さんが奈良県でデザイン・制作。「本来廃棄されるものから新しい価値が生まれるのが素敵です。賛同した複数のブランドが提供したハギレを使うから、世界にひとつの特別な1枚に。家族も友人も愛用中です」(宮川さん)。

HAREGI(ハレギ)
電話/080-5324-2847
住所/奈良県五條市二見5-7-1

【神奈川県】プラスチックを活用して、海洋ごみから”buoy”の美しい工芸品に

No image

ひとつ一つ色合いが違う”buoy”。トレイーM 2420円

写真をもっと見る

海を訪れるのが好きな宮川さんのお気に入りは「海のプラスチックごみから雑貨を作るブランド”buoy”のプレート。カギやこまごました小物の収納として愛用中です」。神奈川県では平成27年には5000トン近くも海洋ごみが漂着したそう。なかでもプラスチックは微生物が分解しないため、環境にかける負荷が大きい。そこで神奈川県のメーカー”buoy”が海岸で回収したプラスチックを雑貨に生まれ変わらせることに成功。この回収活動は全国のボランティア団体へと広がり、”buoy”以外にも集めた海洋ごみから日々美しい小物が産まれている。「私は個人的にビーチクリーンを地元でしているのですが、商品にはごみを収集した地域の情報も記載されていて、海を守ろうという意識も高まると思います」(宮川さん)。

テクノラボ
電話/非公開
住所/神奈川県横浜市神奈川区青木町6-19マークレジデンス1B
※問い合わせはメールで。
buoy@techno-labo.com

この記事の詳細データや、体験した読者の口コミはこちら

OZmall編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加