英ヴァージン、最新エアバス機に女王にちなんだ愛称

英ヴァージン、最新エアバス機に女王にちなんだ愛称

  • CNN.co.jp
  • 更新日:2023/01/25
No image

英ヴァージン・アトランティックが新たなエアバス機に「空の女王」という愛称をつけた/Virgin Atlantic

(CNN) 英ヴァージン・アトランティック航空は新たに導入した「エアバス330neo」に、故エリザベス女王にちなんだ「空の女王」という愛称をつけた。

かつてはボーイング747がこの愛称で呼ばれていたが、今回は改めてエリザベス女王に敬意を表した。

これまでも女性参政権運動のエメリン・パンクハースト、ジャズ歌手ビリー・ホリデイ、ダイアナ元妃ら、歴史上有名な女性らの名前を愛称に使ってきた。

「空の女王」の機体には、赤い髪に赤いドレス姿の女性のイラストが描かれている。

ヴァージン・アトランティック航空の幹部は声明で、女王が在位70年の間に世界各地を訪れたように、同航空は世界に英国旗をたなびかせると述べた。女王は昨年9月に亡くなるまでに、120以上の国を訪問した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加