大学入学共通テスト2022、日本史Bの分析速報 難易度は

大学入学共通テスト2022、日本史Bの分析速報 難易度は

  • 福井新聞ONLINE
  • 更新日:2022/01/16
No image

大学入学共通テスト2022日本史Bの分析速報

大学入学共通テスト1日目は2022年1月15日、全国一斉に行われた。大手予備校河合塾による各教科科目の問題分析を速報する。地理歴史の日本史Bの分析は以下の通り。

日本史Bの分析

高校生の会話形式が6題中3題を占めるなど高校生の主体的な学びを踏まえた場面設定が増加した。史料・絵画・統計など多様な資料を用いて多面的・多角的に歴史事象を考察させる出題がなされた。また、古代の計帳や近世の町奉行所の報告書など歴史史料を用いた読解問題が昨年の第1日程よりも増加した。第1問は人名から見た歴史というテーマを素材に各時代の命名などに関する動向を取りあげており、現代における夫婦の姓など時事的な話題を意識した出題であった。

河合塾が予想平均点を発表

河合塾は16日、同日時点の予想平均点を発表した。5教科7科目の文系型、理系型のほか、科目別も発表している。⇒【2022】予想平均点を見る

各教科科目の分析

■2日目

⇒【数学1】数学Ⅰ・数学A

⇒【数学2】数学Ⅱ・数学B

⇒【理科1】物理基礎

⇒【理科1】化学基礎

⇒【理科1】生物基礎

⇒【理科1】地学基礎

⇒【理科2】物理

⇒【理科2】化学

⇒【理科2】生物

⇒【理科2】地学

■1日目

⇒【英語】リーディング

⇒【英語】リスニング

⇒【国語】

⇒【地理歴史】世界史B

⇒【地理歴史】日本史B

⇒【地理歴史】地理B

⇒【公民】現代社会

⇒【公民】倫理

⇒【公民】政治経済

⇒【公民】倫理,政治経済

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加