ラファエウが告白「アンデルソン、食生活がヤバかった」

ラファエウが告白「アンデルソン、食生活がヤバかった」

  • Qoly
  • 更新日:2021/07/20
No image

かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属していたブラジル代表MFアンデルソン。ポルトからやってきた彼はイングランドで118試合に出場したが、怪我や不調に苦しみ期待はずれに終わった。

世界でも屈指の若手選手と言われていたものの、その評判に適うだけのプレーは見せられず、常にフィットネスと一貫性の問題と戦っていた。

『Mirror』によれば、今回マンチェスター・ユナイテッドで彼と同僚だったラファエウ・ダ・シウヴァとファビオ・ダ・シウヴァが自伝を発表し、その中でアンデルソンについて以下のように語っているという。

ラファエウ・ダ・シウヴァ「高速道路のサービスエリアで、アンデルソンは衝動的に飛び上がって叫ぶんだ。『マクドナルド、マクドナルド!』と。あの男はクレイジーだったが、僕は好きだったよ。彼にボールを与えればただ自由にプレーする。いい状態で試合に臨めれば、リーグのどんな選手よりもいいプレーができた。彼は大きな怪我を何度も抱えたし、食事の方法に問題を抱えていた。それが彼に影響を及ぼしていたね。彼がたくさんの試合をしたときに最高のパフォーマンスを見せていたのは偶然じゃないんだ。なぜならその時はあまり食べることができなかったからね。アンデルソンについては言いたいことがあるよ。もし彼が『プロのサッカー選手』だったら、世界一になれたかもしれないね。彼があらゆるものについて真剣だったのかどうかはわからない。だけど彼はより気楽でカジュアルな人生を愛していたんだ」

【写真】「マンチェスター・ユナイテッドで消えてしまった」天才たち

もし食生活さえプロフェッショナルであれば、世界でもトップクラスの選手になっただろう…とのこと。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加