新型コロナ35人感染の横浜刑務所 Googleマップの書き込みが話題に

新型コロナ35人感染の横浜刑務所 Googleマップの書き込みが話題に

  • しらべぇ
  • 更新日:2021/01/13
No image

(画像提供:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所)

法務省は12日、横浜刑務所で新型コロナウイルスのクラスターが発生し、これまでに受刑者28人と職員7人の計35人の感染が確認されたと発表した。そんな中、横浜刑務所の「グーグルマップ・レビュー」が話題を呼んでいる。

■1200人のPCR検査を実施予定

横浜刑務所によると、症状が落ち着いている受刑者は刑務所内で経過観察し、治療が必要な人は外部に移送したという。また刑務作業や面会を全面的に停止したそうだ。感染した刑務官は自宅待機しており、重症者は今のところいない。

今後、職員約290人と受刑者約890人を対象にPCR検査を順次行っていく予定だ。

関連記事:男性受刑者が自らの陰茎を切断 面会に来なかった妻に絶望か

■職員から感染の可能性も

感染が確認された受刑者28人のうち27人は、刑務所内の同じ工場でプラスチック製品を組み立てる刑務作業に従事していた。作業中はマスクを着用していたため、先月中旬から感染が相次いだ職員から広がった可能性もあるとみている。

横浜刑務所では、現在組み立て式の家具部材加工や印刷作業、紙作業、製麺作業等を実施中。受刑者の希望や適正を考慮して、作業の割り振りを行っている。このような作業は、刑務所職員が民間企業に営業をかけ引き受けており、作業終了後その企業に戻し出荷しているという。

■元受刑者と思われる書き込みが話題

話題を呼んでいるグーグルマップ上の横浜刑務所レビューには、「対応が丁寧でびっくりしました」や「親父は、面倒見も良くて最高」、「おやっさん、お世話になりました」といった元受刑者と思われる書き込みが。

また「早く出てきなさい」という切実な声も掲載されている。

・合わせて読みたい→交際相手を強姦した容疑で逮捕された男 保釈後に女性を殺害し自殺

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加