カタール行き一番乗りを決めたドイツに母国メディアでは“酷評”も!「フランス対スペイン戦とは別のスポーツだ」

カタール行き一番乗りを決めたドイツに母国メディアでは“酷評”も!「フランス対スペイン戦とは別のスポーツだ」

  • THE DIGEST
  • 更新日:2021/10/14
No image

現在進行中のカタール・ワールドカップ予選だが、来年11月の本大会に向けて早くも出場権を手にしたのは、開催国と、そして欧州予選を勝ち抜いたドイツとデンマークである。

【動画】翻弄されるドイツ守備陣。北マケドニアの華麗なパスワークをチェック

とくにドイツは10月11日に北マケドニアを4-0で下し、予選突破を一番乗りで果たした。北マケドニアといえば、今年3月31日にデュイスブルクで対戦し、1-2の大番狂わせを許して「恥ずかしい破綻」などと自国メディアから酷評される羽目となった因縁の相手である。だが、今回は敵地スコピエで危なげなく大勝を収め、雪辱を果たした。余談だが、1990年以降の各W杯で予選一番乗りを果たした国は以下の通りである。

2018年ロシア大会:ブラジル

2014年ブラジル大会:日本

2010年南アフリカ大会:オランダ、オーストラリア、日本、韓国

2006年ドイツ大会:日本、サウジアラビア、韓国、イラン、アルゼンチン

2002年日韓大会:カメルーン、南アフリカ

1998年フランス大会:ナイジェリア

1994年アメリカ大会:メキシコ

1990年イタリア大会:ユーゴスラビア

話を戻すと、今夏にドイツ代表監督に就任したハンジ・フリックにとっては、これで最初の関門をクリアした格好だ。前任者ヨアヒム・レーブのもと、ロシア大会で同国史上初のグループリーグ敗退を喫して以降、第1回ネーションズリーグで最下位、第2回の同大会ではスペイン戦で衝撃的な0-6の惨敗を喫するなど、ネガティブな面が噴出したドイツ。しかし、ベスト16止まりに終わったEURO2020で指揮官の交代に踏み切ってからは5連勝を飾っている。

W杯出場権獲得という最初の仕事をやり遂げたフリック監督だが、「我々はさらに成長をしなければならない。来年の本大会までには、まだまだ長い道のりが待っている」と気を緩めはしない。

ただ、「現在の姿勢を保つことで、我々には多くのことが可能になる。選手たちは、スペイン、イタリア、フランス、ベルギーと対等に渡り合えるだけのクオリティーを備えている」と自信も窺わせており、ここからどれだけ強さと安定感を増していくかが注目される。 そんな代表チームに国内の大衆紙『BILD』も「レーブ時代と比べてポジティブな兆しが見えてきた」と期待を寄せつつ、問題点も指摘する。

同紙は第一に絶対的なCFの不在を挙げ、「ティモ・ヴェルナーの(北マケドニア戦での)2ゴールでは覆い隠すことができない問題」であるとし、バイエルン(ロベルト・レバンドフスキ)、ドルトムント(アーリング・ハーランド)といった国内トップクラブの「本物のストライカー」が外国人選手である点にも言及した。

また、固定できずにいる両SBにもクローズアップ。ドイツは優勝した2014年ブラジルW杯においても、フィリップ・ラームが大会途中にMFから右SBにコンバートされ、左はベネディクト・ヘーベデスがサプライズ起用されており、以降もこのポジションの問題が解決されていない。そのために「守備全体が不安定である」と指摘している。

そして、何よりも同紙は、5試合で18得点1失点という素晴らしい成績を残したものの、リヒテンシュタイン、アルメニア、アイスランド、ルーマニア、北マケドニアという格下相手の試合ゆえの、プレーのレベルの低さを指摘。「北マケドニア戦と、前日に行なわれたUEFAネーションズリーグ決勝のフランス対スペイン戦では、まるで別のスポーツのように見えた」と酷評。真価を計るには、試金石となり得るような強国との対戦を待つ必要があると主張した。

さらにサッカー専門誌『Kicker』は、近年のドイツの不振によって、本大会のグループ組み合わせではシード国から外れると予想。世界王者フランス、欧州王者イタリア、王国ブラジル、そして開催国枠のカタールなどと同組に入る可能性があり、「苦しいグループで脅かされるかもしれない」と、別の問題も挙げている。

しかし、フリックの新体制に対する評価はあくまで高い。『BILD』は、こう続けている。

「レロイ・ザネやヴェルナーらFW陣の強化、試合を支配するための明確な戦術、非招集選手への適切な対処、ジャマル・ムシアラ、フロリアン・ヴィルツ、カリム・アデイェミといった若いタレントの抜擢などが、選手やファンに、再び良い代表チームへの印象を与えている。こうしたことは、レーブ時代の最後の数年では見られなかったことであり、非常にポジティブなことである」

なお、北マケドニア戦でヴェルナーに代わって出場したムシアラは、83分に代表初ゴールを決めている(アシストはアデイェミ)。『Kicker』によれば、18歳227日でのゴールは1950年以降のドイツ代表の歴史における最年少記録であり、1954年10月16日(フランス戦)のクラウス・シュテルマー以来、実に67年ぶりの記録更新であった。

構成●THE DIGEST編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加