オンワードHD 3年ぶりの黒字へ=構造改革の効果とEC強化で

  • 東京商工リサーチ(TSR)
  • 更新日:2021/04/08

「23区」「組曲」などを展開するアパレル大手の(株)オンワードホールディングス(TSR企業コード:290030471、東京都中央区、東証1部)は、事業の選択と集中効果やEC販売の伸長などから2022年2月期(連結)の最終利益が3年ぶりに黒字に転換する見通しと発表した。

オンワードHDは、イタリアの連結子会社が保有していた「ジル・サンダー」の株式を4月中に譲渡する予定のほか、約1700の不採算店を閉鎖するなどグローバル事業の構造改革を急いでいる。仕入抑制や固定費の削減を進め、自社ECの強化も進展し、EC販売が百貨店と並ぶ主力販売先に成長するなど、構造改革の効果が着実に出てきている。

4月8日、発表した2022年2月期(連結)の業績予想は、売上高1905億円(前年比9.3%増)、営業利益32億円(前年212億3000万円の赤字)、最終利益63億円(同231億8100万円の赤字)と3年ぶりに黒字化への転換を見込む。

コロナ禍で百貨店など都市部の集客性は依然として厳しいが、3月の既存店売上(EC含む)が前年同月比で14.8%増と伸びた。新型コロナの影響が長期化し、アパレル不振が続くなか、アパレル大手の業績に明るさが見え始めた。

東京商工リサーチ(TSR)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加