Vリーグ V1男子はヴォレアスがV1初勝利に歓喜

Vリーグ V1男子はヴォレアスがV1初勝利に歓喜

  • 月バレ.COM
  • 更新日:2023/11/21
No image

【写真:©️VOREAS,INC.】

バレーボールの国内最高峰リーグ、2023-24 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)は11月17日(金)から19日(日)にかけて5会場で計10試合が行われた。

【表】順位表と全チームの試合結果が一目でわかる結果一覧

ヴォレアス北海道がV1男子昇格後、初めての勝利をつかんだ。ホームの旭川市リアルター夢りんご体育館(北海道旭川市)で迎えたジェイテクトSTINGSとの2連戦。17日の試合は被ブロック12本、アタック決定率32.8%と攻撃を押さえ込まれ、1-3で敗れたが、翌18日の試合では一転してジェイテクトに対してブロック11本を記録。アタック決定率も54.7%と大きく改善した結果、ストレートで勝利し、地元ファンと喜びを分かち合った。エド・クライン監督は「V1での初勝利であり、間違いなく忘れられない日となりました」と喜びを表した。

開幕6連勝中で首位だったパナソニックパンサーズは、18日にウルフドッグス名古屋に0-3で敗れ今季初黒星を喫したものの、翌19日は勝利。しかし、それまで2位につけていたサントリーサンバーズが日本製鉄堺ブレイザーズに連勝し、パナソニックから首位を奪った。

今季のV1男子は4回戦総当たり方式によるV・レギュラーラウンドを戦い、上位6チームがV・ファイナルステージへ進む。

[試合結果]

■11月17日(金)

ジェイテクト ◯3-1● ヴォレアス

■11月18日(土)

東レ ◯3-1● JT広島

ヴォレアス ◯3-0● ジェイテクト

サントリー ◯3-0● 日鉄堺BZ

東京GB ◯3-0● VC長野

WD名古屋 ◯3-0● パナソニック

■11月19日(日)

東京GB ◯3-1● VC長野

JT広島 ◯3-1● 東レ

サントリー ◯3-0● 日鉄堺BZ

パナソニック ◯3-1● WD名古屋

順位推移表(11月19日終了時点)

No image

■ジェイテクト 法政大の高橋慶帆、中央大の藤原直也の加入を発表

■東レ 渡辺俊介がVリーグ230試合出場を達成

■バレーボールを始める適正年齢は? 東京GB監督とパドヴァの育成コーチが語る若年層への指導論

■令和5年度天皇杯・皇后杯全日本選手権大会ファイナルラウンドの出場チームと組み合わせが決定

■パナソニック 内定選手として日本体大の池城浩太朗が加入

【動画】ヴォレアス初勝利の瞬間

月刊バレーボール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加