巨人・井納が実戦初登板「力みもあったが修正して投げられた」紅白戦1回1安打無失点

巨人・井納が実戦初登板「力みもあったが修正して投げられた」紅白戦1回1安打無失点

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/02/23
No image

紅白戦に先発する巨人・井納翔一(撮影・西岡正)

「巨人紅白戦、白組-紅組」(22日、沖縄セルラースタジアム那覇)

巨人・井納翔一投手がDeNAからFA移籍後、実戦初登板を果たした。白組の先発を務め、制球良く1回を1安打無失点と上々の投球を披露した。

「チームが新しくなったというのもありますし、実戦で投げるのが初めてだったということで、すごく気持ちも入って多少、力みもありましたが、普段通り修正して投げることができました」都振り返った。

一回、先頭の松原を遊ゴロ、八百板を見逃し三振に仕留め簡単に2アウトを取った。続く北村に中前打を打たれたが、落ち着いて大城を二ゴロに抑えた。

「次はイニングが長くなると思うし、きょう出た反省を1つでも、できることはやっていきたい」と先を見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加