「奨学金1200万円」の36歳、JASSOとの裁判の結末

「奨学金1200万円」の36歳、JASSOとの裁判の結末

  • 東洋経済オンライン
  • 更新日:2023/01/25
No image

さまざまな不運もあって奨学金の返済を滞らせてしまい、JASSOから裁判を起こされてしまった吉崎達彦さん(仮名・36歳)。自分の見通しの甘さを認める一方で、「もう少し柔軟な返済を認めてほしいんです」と語ります(写真:Kayoko Hayashi/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「奨学金を借りたことで、価値観や生き方に起きた変化」という観点で、幅広い当事者に取材する本連載。奨学金を「自己投資」と考え、自身の人生を好転させた人が多数登場している。ある種のインフラとして、今後も多くの人が有効活用していくだろう。

しかし、一方で日本の奨学金制度には課題や問題点も多く、改善も必要だ。たとえば、柔軟性のなさ。その結果、受給者が増えるなかで、「奨学金を返したいのに返せない人」が生まれている。

前編に引き続き、日本学生支援機構(JASSO)と裁判した吉崎達彦さん(仮名・36歳)のエピソードをお届けする。

「『制度が悪いから、返せないんだ!』と責任転嫁するつもりはなく、借りたものは当然返すべきだと思っています。

ただ、返す意思があるのに、所得制限や月々の返済額など、返還のルールが固まっていて、臨機応変に返せないという現状には納得できません」

そう語るのは、妻の出産のための医療費の捻出を優先するあまり、学生時代に借りていた1200万円の奨学金の返済を滞納してしまった吉崎さん。奨学金返済で滞納してしまったことで、JASSOから一括で1250万円(延滞金等を含む)の返還を求められた(ことの詳細は前回の記事を参照)。

職員によって知識レベルが大きく異なっている

現在、大手プラントエンジニアリング企業に勤め、現在の年収は1200万円程度だという吉崎さん。しかし、前述したように出産にかかる費用を優先させ、奨学金の返済を後回しにしたことで、JASSOとは裁判にまで発展している。

No image

結局、JASSOとの裁判からは逃れられなかったわけだが、ただ裁判といっても、基本的には和解措置が取られる。

その対応はJASSOの法務部に移管されるため、ようやくまともな指南を受けられるようになった。現在は和解が成立したことで、毎月5万3000円を返還中である。

「ここで初めて、話が通じる人たちに出会えたと感じました。制度について理解していて、質問をすると的確な回答をくれる。実は以前、別の職員から、間違ったことを教えられたことがあるんです」

どういうことか。話は和解前、裁判を回避しようと動いていた時期に遡る。

「JASSOの職員たちにいろいろと相談しているうちに、月々の返済金額を少なくする『減額返還』のほかにも、『在学猶予』という制度があることを教えてもらいました。これは社会人でも大学などに入学すれば、学生という扱いになるため、奨学金の返済を遅らせられるというものです。

早速、私もその話に飛びついて、月々の返済をいったん停止したうえで、各種書類を用意して、放送大学への入学手続きを取りました。『毎月の返済を停止しないと、在学猶予は適応されない』とは、JASSOの職員に言われましたからね」

間違った説明をされてしまった…?

ところが、申請書類をJASSOに送ったところ、その助言をくれた職員とは、別の者から「滞納している人は、そもそも猶予できない」と、告げられてしまう。どうやら、吉崎さんの場合は、その時点で彼が滞納していた分を一括で返済しない限り、在学猶予は適応されないのだという。

「どうして、最初にそれを言ってくれなかったのか……。『録音データを確認してほしい』と散々食い下がったため、JASSOから『間違えた案内をしてしまったこと』への謝罪はありましたが、放送大学の入学金については『ご自身の意思で入学されたんでしょう? だったら、責任は負えません』と言われてしまいました。

さらには、当初JASSOの職員から『手続きのために、返済を停止しておいてほしい』と言われたのに、結果的に私が『勝手に返済を停止させた』ということになってしまい、延滞金がプラスされてしまいました。

この一連のやり取りのせいで、JASSOには非常に無責任という印象を覚えてしまいます。電話対応した人が自分の判断で間違った案内をしているケースは十分にあり得るし、連携がほとんど取れていないように感じました」

本連載は奨学金を「自己投資」として受給し、人生を好転させた返済当事者を多く紹介している。もはやインフラと化したJASSOが果たす役割は小さくなく、筆者としても批判ありきで彼らに言及するつもりはない。奨学金を借りるリスクばかりを強調することは、いたずらに高校生を怯えさせるだけで、大学進学しないことのデメリットにも平等に目を向けるべきだと考えている。

しかし、一方でその制度の複雑さ、運用における柔軟性のなさには、改善の余地があるのも事実だろう。

とくにJASSOは外部に業務を委託しており、その委託先が数年で変わるため、「関わる人が専門知識を獲得しにくい」という指摘がある。職員によって知識や対応に、差が生じざるを得ない運用になっているというのだ。結果、誤った案内がなされてしまうこともある(なお、制度の複雑さが生む問題点については過去に、奨学金担当として働く札幌大学職員・水戸康徳氏がこの記事で詳しく解説している)。

和解はしたものの、信用情報に傷が付いてしまった

こうして、なんとかJASSOと和解はしたものの、一連の出来事が吉崎さんの人生に与えた影響は大きかった。

その1つが、滞納によって信用情報に傷が付いてしまったこと。いわゆる「ブラックリスト入り」だ。クレジットカードや家賃の支払いを滞納・延滞することで、信用情報機関のデータベースに金融事故情報が登録されることを意味し、クレジットカードを作ったり、ローンを組んだりすることが難しくなる。

「滞納が始まってからは、それまで使っていたクレジットカードがいきなり使えなくなり、退会させられたことがありました。そのときは、カードの支払いを滞納していたわけではないので、絶対に奨学金絡みなんですよね。

今でもクレジットカードそのものは作れますが、審査がゆるいと評判のカードの申請に通らなかったり、通ったとしても限度額は10万円だったりします。一応、私は年収1200万円なんですけどね……。

こうした事態が続くと、どこかの信用機関に名前が登録されていることは間違いないのですが、結局それがどこなのかはわかりません。JASSOいわく『全国銀行協会』にはすべての信用情報が載っているらしいので、最近そこに開示要求をして、返事を待っている最中です」

奨学金返済のため、少しでも節約したい吉崎さんは、毎月家賃が発生する賃貸での生活をやめて、マイホームを購入したいと考えている。だが、奨学金完済にはこれから20年はかかる予定であり、返済し終えたところで、信用情報が回復するには5~10年はかかるのが一般的だ。

つまり、最短でも61歳になって、ようやくローンが組めるようになるわけだが、当然ながらその年齢になって組めるローンがあるはずもない。家族のためのマイホームという夢は、このようにして頓挫しかけている。

「同期や後輩たちが『豊洲のタワーマンションを買う』とか『不動産投資するぞ』と、景気のいいことを言ったり、実際に1億5000万円も投資してマンションを3部屋も借りたりしている一方で、自分はどこのローンにも通らない……。

同じ会社にいるのに『出だしでコケてしまうと、ここまで差がついてしまうのか』という気分にはなりますよね。もしかしたら、『どうして、吉崎くんはいつまでも賃貸に住んでいるの?』と、思われているのかもしれません」

自身の選択には納得も、下の世代のために改善を望む

せっかく、高収入を得ることができたにもかかわらず、奨学金の返済は終わらない……。裁判になったことで、大学進学を後悔したこともあったが、それでも今はその選択に納得している。

「大学へ行かず、高額な借金を負わず身軽な暮らしをしていたほうが幸せだったかもしれないと思う日もあります。ただ、一方で奨学金を借りられたことによって、今の生活がある。そのため、奨学金制度にはとても感謝しています。

借りられていなければ、大学には入れたとしても、父のこと(詳細は前記事を参照)もあって中退していたでしょう。高卒に近い状態で就職活動をして、現在の年齢になっても結婚はおろか、子どももいない生活になったと思います。子どものいない生活を想像すると、『そうならなかっただけでもよかったよな』って」

とは言え、もし制度がもう少し柔軟であれば……という気持ちが拭えないのも事実だ。

「自分の場合は裁判もありましたが、今の所得でようやく無理なく毎月5万3000円を返せています。返済に関して、読みが甘かったということを痛感しています。返済額は大学生のうちから計算できるので、『これからもらう初任給ではどのようなキャッシュフローになるのか?』としっかりと考えるべきでした。

ただ、人生ではどんな不測の事態が起きるかわかりません。だからこそ、社会人になってから常に一定の金額を返していくのではなく、収入に見合った額からスタートさせて、徐々に増やしていったりできる柔軟性があったほうがいいとは思います。

誰だって初任給は安いですし、将来年収がいくらになるかなんて、借りる時点ではわかりません。だからこそ、JASSOは型にハマった対応ではなく、もっと返しやすいように、制度を整えていってほしいと思うんです。

また、予約制でもいいから実際に足を運べる窓口を作って、直接話ができるようにして、それぞれに担当者がつくようにしてほしいです。

現状では、JASSOに相談したいと思っても、連絡を取るのすら難しく、たらい回しにされるだけですからね。決して小さくないお金を貸している以上、借りる側の『自己責任』にせず、できる範囲の工夫はしていくべきだと感じます」

日本の奨学金制度の問題点

前後編にわたって報じてきたが、日本の奨学金制度は、よく出来た制度である反面、柔軟性に欠けているのも事実だ。吉崎さんの話から指摘できるのは、以下のような問題点だろう。

《前提》
・JASSOの場合、奨学金返済は最長20年(240回)である。繰上返済はできるが、等分が基本線になっているため、猶予や減免のハードルが高く、柔軟な返済が難しい

《問題点》
・その結果、就職から半年経過時点で「貸与額を240で割った金額」を毎月きっちり払っていく必要がある(※返還回数は貸与額によって変わる)
・その一方で、多くの企業で新卒~新卒から数年間は給与が低めに抑えられている現実がある。このため、貸与額の多い人(理系や院卒など)は、いずれ高給取りになることが予想されていても、最初の数年間は負担が大きくなりやすい

No image

20年という長期で返済できるのは良い点だが、一方で「等分ありき」なのも事実。たとえば文系の4大卒と、理系の院卒では貸与額が異なるため、返済の大変さの温度感がかなり変わってくるが、そこは考慮されない(「新卒等」という事由で猶予・減額申請をすることは可能だが)。

また、そもそも猶予・減免の条件が厳しいという指摘もできる。休職中の人にはありがたい制度だろうが、少なくない会社員は猶予も減額もハードルが高い。実際、本連載には猶予制度を利用した人が過去何度か登場しているが、「社会人になって以降に大学院等に再入学した人」が多い。

もし、吉崎さんが「社員寮のある会社」だったら話はまた違ったかもしれないが(家賃の支払いは奨学金返済に大きく影響する)、個々のラッキーに運を委ねるのは制度として不健全だろう。

吉崎さんに対し、「自己責任だ」「そういうルールだ」「就職してすぐに結婚するな」「子どもを作るな」などと非難するのは簡単だ。だが、そのような批判は、何も生まないどころか、下の世代を苦しめる場合すらある。

「返したいと思っている人に、柔軟に返させてあげるための改革」が進むことを願うとともに、奨学金を借りている大学生には、簡単ではないかもしれないが、上記のような観点も頭に入れたうえで、返済計画を立てることをオススメしたい。

本連載「奨学金借りたら人生こうなった」では、奨学金を返済している/返済した方からの体験談をお待ちしております。お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。奨学金を借りている/給付を受けている最中の現役の学生の方からの応募や、大学で奨学金に関する業務に関わっていた方からの取材依頼も歓迎します。

(千駄木 雄大:編集者/ライター)

千駄木 雄大

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加