「ここに描くべきはヤンキーか野良犬か酔っ払いか?」プロ漫画家は作画をコストで考える──『東京トイボクシーズ』うめの場合

「ここに描くべきはヤンキーか野良犬か酔っ払いか?」プロ漫画家は作画をコストで考える──『東京トイボクシーズ』うめの場合

  • QJWeb クイックジャパンウェブ
  • 更新日:2021/06/11
No image

「漫画を描く」ってどういうことだろう。入門書やドキュメンタリー映像では取り上げにくい小さな事柄にその秘密はあるのではないか。ストーリーには直接関係ないシーンに出された原作者の指示に、作画担当はどう対処したか。ふたり組漫画家“うめ”の実例を、作画担当の妹尾朝子が解説する。全30ページ中のほんの3コマをめぐる仕事の過程に「漫画を描く」ことの本質がのぞく。キーワードは「作画のコスト」。プロの思考に近づきたい人、例題としてチャンレンジしてみよう。

作画コストはかけたくない

『東京トイボクシーズ』22話目、ネーム作業中のことだった。
相方の小沢(高広)から上がってきたシナリオにこうあった。

■放浪のマシロ
土手沿い(川沿い?)を歩いている。
何か身の危険を感じさせるような出来事(野良犬か、ヤンキーか、路上のみの集団か、いちゃつくカップルか、酔っ払いか、水面で魚が跳ねるか、何か新しいものか)。
そこから離れて、落ち着いた場所(街灯のあるベンチか何か?)で携帯を手にする。

なるほど、としばし考え込む。
ここから読み取れることはいくつかある。
まず『東京トイボクシーズ』の主要人物であるマシロ(真代)にとって、身の危険まではいかなくとも、怯えを感じさせるようなネガティブなことが起きる必要がある。しかしエピソードは特に決まっておらず、ネーム担当の私(妹尾)に委ねられている。さらに、ここは必要なシーンではあるが、重要度は低いので、作画コストはかけたくない。ページ数との兼ね合いでは削除の対象になるかもしれないシーンだ。

No image

新設されたeスポーツ科に集まった若者たちの青春群像劇『東京トイボクシーズ』<1巻>うめ/新潮社(月刊『コミックバンチ』連載中。3巻まで発行)

No image

ふたり組漫画家“うめ”。原作担当の小沢高広と作画演出担当の妹尾朝子の夫婦ユニット

漫画家うめのシナリオからネームまでの制作工程はこんな感じ。

1・編集担当を交えた打ち合わせで「こんな感じの話」というざっくりしたイメージを共有(ざっくりしたページ数も共有、今回は30p前後を目指す)
2・小沢と妹尾のふたりで、細かい打ち合わせをし、プロットを作る
3・プロットをもとに小沢が肉づけをし、シナリオ作成
4・小沢のシナリオをもとに、妹尾がテキストネームを作成(ここでページ数が確定する)

No image

半pのテキストネーム

テキストネームとは妹尾の造語で、シナリオのテキストをページに落とし込んでいく作業をそう呼んでいる。1ページにどこまで入るか、全部で何ページくらいになりそうか、などを検討しつつ、最終的にページ数を確定する。30p前後を目指しているので、テキストネーム完成後が25p前後ならエピソードを追加、30pを大幅に超えた場合は、エピソードを削るための打ち合わせが発生する。

5・テキストネームをもとに再度打ち合わせ
6・テキストネームを調整後、お互いにオッケーが出ればラフ絵を入れ、ネーム完成

テキストネームが完成した段階で、前掲のシナリオ「■放浪のマシロ」シーンに当てられるのは全32pの中で3コマ(小さめ)と決まった。

No image

当コラムはこの3コマの構成を考える話です。チャレンジしてみましょう

「ヤンキー」「野良犬」「水面で跳ねる魚」「酔っ払い」?

ラフ絵を入れる段階で、またしてもしばし考え込む。

たった3コマ。しかも小さめ。複雑な動きや、セリフで説明するような余裕はない。作画コストもなるべく省きたい。作画コストというのは、イコール時間と人手だ。時間は有限なので、重要なシーンにコストをかけられるよう、重要でないシーンのコストをどれだけ省けるかが勝負。キャラの人数を増やしたり、キャラ以外の物体(車や自転車等)を置けば、3Dデータを探したり作成したり、そこにベタを塗ったりトーンを貼ったりと、増やした分だけ時間も人手も必要になる。

ということは主要人物マシロ以外で必要なのは、キャラ1体が理想的。小沢が挙げた例だと「ヤンキー」「野良犬」「水面で跳ねる魚」「酔っ払い」あたり。

「野良犬」は最近は都内ではほとんど見かけない。ネガティブな気持ちになる前に「なぜここに犬が? 迷子犬?」などといったよけいな疑問が湧いてしまう。
「水面で跳ねる魚」は果たしてネガティブか? 逆に好奇心をそそられて水面に興味が向いてしまわないか?
「ヤンキー」はネガティブな状況を作りやすいけど、肩がぶつかって絡まれる、すれ違いざまに暴言を吐かれるなど、いずにせよセリフが多めになりそうだ。
コマも小さいことだし、セリフは最小限に留めたい。

となると残りは「酔っ払い」だ。ちょうど昨日若干お酒を飲み過ぎて、少し胃のあたりがムカムカするし、いい酔っ払いが描けそうな雰囲気。おじさんを描くのも得意なほうだ。よし、「酔っ払い」のおじさんでいこう。
でもただ歩いて来るだけじゃちょっと弱いな。とはいえ絡まれたりすると「ヤンキー」と同じリスクが発生するし……いや待て、「酔っ払い」で嫌なことといえば「道端で吐く」だ。道を歩いていて、道端で昨晩の残骸であろうそれを踏みそうになるだけで嫌な気持ちになるのに、それを目の前で見せられたら、相当なインパクトだろう。

そこまで考えて急に、大友克洋の『AKIRA』3巻で、金田が船の上から海に向かって吐くシーンを思い出す。これだ! せっかく川沿いを歩いてるんだから、川に向かって吐こう!と思い立ち、このようなネームができ上がった。

No image

そうだ、川に向かって吐こう!

みんなが考えてくれた編

我ながら、言葉では言い表せないなんとも言えない嫌な気持ちを表現できたと自負している。会社では豪快キャラを演じてるが、家では「お父さんの下着と一緒に洗濯しないで!」と言われてそうなリアリティのあるおじさんが描けた気がする。無事相方・小沢と担当編集のオッケーも出たところで、この話をまず、平日の朝9時から毎朝やっているClubhouseのイベント「#漫画家の朝礼」で話し、その後ツイッターとFacebookに投稿した。
すると同業者の漫画家さんやクリエイターの皆さんに思いのほかウケた。相方とのシナリオとネームに関するやりとりや、方法論の部分が興味深かったようで、自分なりのやり方と比較したり、「自分ならこのシーンをこうする」という各自思いついたエピソードをコメントで投稿してくれたりした。気になったものを紹介。

・車が走ってきて水飛沫がバシャでした。でも前の日が雨とか、あとその後もずっと汚れてるとかいろいろ面倒ですよね。
・ドローンが飛んできて直撃し「すみませ〜ん!」というのはどうですかね!
(ふたつとも𥱋瀨洋平さん ゲームデザイナーで研究者。『東京トイボクシーズ』の監修者でもあります)

・後ろから自転車で来たおっさんかおばちゃんに、めっちゃベルを鳴らされて避けさせられる、とかかな…自転車は3D使うんで作画コスト抑えられるし。
(冬乃郁也さん BL漫画家さん。『バナナフィッシュ』ツアーでご一緒しました)

・わたし「自転車事故」とかシャレにならないの描いちゃって深刻な感じにしちゃいそうです。(ご存知、『ちはやふる』末次由紀さん)

・ホテルから朝出てきたっぽいカップルが周りの目もきにせずイチャイチャしながらすれ違う際に「やっだーもうー」とシナを作る女の肩をぶつけられる。
(河合太郎さん Appleで地図作ってます。シリコンバレー在住)

・スマホで彼氏らしき男と口げんかしている裸足の女性がスマホを川に投げ捨てる。
(平井太郎さん ラノベ書いたりボードゲーム作ったりいろいろやってる人です)

・電話がかかってきて、ポケットから出そうとしたら小銭をばら撒いちゃう。
(柴田ケンジさん マーベル好き仲間です)

・犬のうんこを踏む
(岡安学さん ゲーム系ライターさん。eスポーツの取材も受けました。『スト5』の師匠)

・歩きスマホをしている、好みでもないおねいちゃんが勝手にぶつかってきて、挙げ句「チッ」と舌打ちされながらゴミカスを見るような目で蔑まれる。
(松浦達也さん 肉の達人ライター。料理企画を一緒にやってます)

・歩道橋かなんかでなんかの紙を読んでるおっさんが「けっ」とか言って紙をくしゃくしゃにまとめて捨てる。
(松永肇一さん うめ『STEVES』原作者です)

どの例もご本人の人とナリを微妙に反映していておもしろい。実際にコマを割ってくれた方までいて、ちゃんと3コマに収めているのが微笑ましい。

No image

𥱋瀨さんがご自分の回答〈ドローンが飛んできて直撃し「すみませ〜ん!」〉を自らネームにした例

漫画家を目指すでもない限り、ネームというものを見たことも描いたことも切ったことも(そういえば「ネームを切る」という言い方をするけど、なんでだろ)ないであろう方々が、いろんなエピソードを挙げてくださっていて、ちょっとしたワークショップをやった気分。もしよければ、皆さんにもぜひチャレンジしてみてほしい。5分でできるから!

No image

現在の状況。作業配信サービス「00:00 Studio」で6人の視聴者に見守られながら無事ペン入れ完了。完成版は『コミックバンチ』(8月号 7月21日発売予定)で!

No image

見守られている様子。「00:00 Studio」はマンガコミュニティ「アル」を提供するアル株式会社がリリースしたクリエイターの作業をライブする配信サービス。コマを考えてくれた末次さん、冬乃さんもわりと使ってます。見かけたところでは、なかはら・ももたさん、かっぴーさんも配信してました

No image

今日も、作画とコストの攻防はつづいています

妹尾朝子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加