NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
サッカー男子 日本は守る相手に前半0-0 南ア戦 林のシュートはオフサイド

サッカー男子 日本は守る相手に前半0-0 南ア戦 林のシュートはオフサイド

  • デイリースポーツonline
  • 更新日:2021/07/23
No image

前半、林のシュートがゴールネットを揺らすも、オフサイド判定となり悔しがる堂安(左)と久保建(撮影・高部洋祐)

「東京五輪・サッカー男子・1次リーグ、日本-南アフリカ」(22日、味の素スタジアム)

日本はボールをかなりの割合で支配したが、0-0で前半を終えた。

日本はこのチームで守備の柱を担ってきたDF冨安がベンチ外。守備ラインには板倉が起用されている。

流動的にポジションを変える久保、堂安、三好の攻撃的MFやFW林に、効果的な縦パスが入る形でチャンスをつくった。ボール保持の面では日本が試合を支配した。

前半6分、相手陣内のエリア付近で得たFKを久保が狙うが壁にブロックされた。7分、左サイドに位置した久保がシュートを放ったが相手GKがキャッチ。15分には左サイドの中山のクロスが流れたところ、ファーサイドの久保が狙うも、シュートはサイドネットへ行ってしまった。

32分、右サイドでボールを奪った久保からの攻撃で、中央でボールを受けた堂安から林が縦パスを受ける。ターンからシュートを放ったが、相手GKがキャッチ。同じく32分には左サイドから三好がシュートを放ったが、相手GKの好セーブに阻まれ、CKになる。続く33分、CKからの二次攻撃で、林が抜けだしてシュートを突き刺すもオフサイドと判定された。

前半も終盤に入ると、相手選手が日本選手と接触するたびに、大袈裟に倒れる場面も目立つようになった。前半43分には相手エリア付近で直接FKを奪取。久保が狙ったが惜しくも枠を外した。

その後、日本ゴールに迫られ、CKを与えたが、GK谷が弾きだした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加