「大きくて赤い!」顎や鼻に出現したあるものが痛すぎる。生活にも影響が出てきて!?

「大きくて赤い!」顎や鼻に出現したあるものが痛すぎる。生活にも影響が出てきて!?

  • ベビーカレンダー
  • 更新日:2023/01/25

私は、生理中に吹き出物ができることがあります。「吹き出物がよくできるなぁ」と思うときは、決まって生理前です。吹き出物ができると、痛みを感じたり見た目に自信がなくなったりします。そんな肌トラブルを解決するために私がとった行動は……!?

No image
No image

生理開始のバロメーター

生理がいつごろくるか予想はしていても、忙しい時期と重なるとつい予定日を忘れてしまうことがありました。しかし、生理前になると顎や鼻に大きな吹き出物ができるため、顔に吹き出物ができると「そろそろ生理がくるのかな?」と考えるようにしています。そのため、吹き出物は私にとって「生理開始のバロメーター」とも言えます。

生活にも影響が…

しかし、吹き出物ができると1週間程度は赤みがあり、痛みも感じるため気になって仕方がありません。吹き出物は、清潔にして触らなければきれいに治るのですが、つい触ってしまい悪化してしまったということも……。

さらに、その期間は、吹き出物に気をとられて集中力が欠けてしまいます。そのため、忘れ物やミスをすることが多くなっていました。「このままではよくない!」と思った私は、なるべく吹き出物をつくらないよう生活習慣を改めることにしたのです。

私が見直したのは

まずは、生理前に吹き出物が出やすいということを頭に入れておき、生理前は脂っこい食べ物を控えることに。また、メイクは吹き出物周辺を控え、洗顔後には必要以上に保湿クリームをつけないよう気をつけました。それ以外にも、普段からビタミンCの豊富な柑橘類やブロッコリーをとるなど、バランスのよい食事を意識しました。すると、生理前の肌の脂っこさがなくなり、吹き出物もできにくくなったのです。

吹き出物ができると気になってしまい、集中力が欠けてミスをしたり忘れ物をしたりすることが多くありました。しかし、生活習慣に気をつけてからは吹き出物ができにくくなり、仕事やプライベートを振り回されることもなくなったため、ホッとしています。

※生理前は皮脂腺の働きを活発にする黄体ホルモンがたくさん出ているため肌トラブルが起こりやすくなっています。保湿クリームを必要以上に塗ると、皮脂腺の働きが鈍り、適度な油分量を分泌しなくなるため、油分が多いところや乾燥気味のところを考えながら保湿して、肌環境を整えることが大切です

著者/中山真希
イラスト/まっふ

医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

ムーンカレンダーサイトはこちら!

ベビーカレンダー編集部/ムーンカレンダー編集室

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加