EXITりんたろー。悩む「リモート2〜3本で疲れちゃう」

EXITりんたろー。悩む「リモート2〜3本で疲れちゃう」

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2022/08/06

お笑いコンビ・EXITのりんたろー。(36歳)が、8月4日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。リモート取材や打ち合わせは「2〜3本で疲れちゃう」と悩みを告白した。

No image

その他の大きな画像はこちら

番組はこの日、東京都内に勤務する人を対象に、「理想の出社頻度は?」を聞いたアンケートで、7割を超える人が「週に3日以下」と答えたことに注目。りんたろー。は「リモートで取材や打ち合わせを1日に2〜3本やると疲れてしまう。実はその場の雰囲気や温度感がよくわかっていないのに、“分かってる感”を醸しださないといけないから大変」と、悩みを吐露した。

一方、兼近大樹(31歳)は「働きたくないから出社したくない、というわけではないと思う。まぁ、僕は働くのが嫌なので、家でやろうが、その場に行こうが、どっちも嫌です」と語り、笑いを誘った。

また、「毎日出社したい」と回答した人が約17%いると伝えられると、フリーアナウンサーの柴田阿弥は「私の友達にも毎日出社したい人は意外といる。その理由を聞くと、『寂しいじゃん』『職場にいけば誰かと話ができる』と話している。私は出社したくない派で、複数の人と接さなければならない職場にいるだけで、HPが消耗しちゃうから。双方の意見は一生わかりあえないと思う」とコメントした。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加