永井花奈4位「アプローチ以外イップス」も光見えた

永井花奈4位「アプローチ以外イップス」も光見えた

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

大王製紙エリエールレディス第3日 16番、ティーグラウンドで笑顔をみせる永井花奈(撮影・清水貴仁)

<国内女子ゴルフツアー:大王製紙エリエール・レディース>◇第3日◇21日◇愛媛・エリエールGC松山(6545ヤード、パー71)◇賞金総額1億円(優勝1800万円)◇無観客開催

永井花奈(23=デンソー)が5バーディー、1ボギーの4アンダー、67で回り、通算7アンダーの206として4位に浮上した。

初日は2オーバーの48位スタートながら、前日の第2ラウンドではその日トップの5アンダーで回って8位と追い上げ、この日も順位を上げた。永井は「初日はショートパットを外していましたが、昨日、今日はだいぶいい感じになってきた。パッティングは嫌だなと思うとリズムが早くなるので、そこを意識して、ヒットミスが減って、距離感もあってきました」と振り返った。

上り調子にも見えるが、「最近、何もうまくいかない。全て緊張する。去年の最後くらいから、アプローチ以外イップスみたいな状態でした」とも明かした。今週からグローブを合皮のものへと変更するなど打開策を探る中で「今日は緊張が少なかった」ときっかけもつかんだ様子。好位置で迎える明日の最終ラウンドへ向け「緊張していることを受け入れて、どうするかだと思います。明日は最終日だと思わないで、第1日だと思ってやってみます」と平常心で上位進出を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加