ロッテが小学生を本拠無料招待「夢や勇気を伝える」

ロッテが小学生を本拠無料招待「夢や勇気を伝える」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/15
No image

ロッテ河合代表取締役社長オーナー代行(左)が「ちば夢チャレンジ☆パスポート・プロジェクト」のチケット寄贈を行った(球団提供)

ロッテは15日、千葉県内に在学の小学生を対象にした無料招待事業「ちば夢チャレンジ☆パスポート・プロジェクト」を実施することを発表した。

25日のソフトバンク戦以降、本拠地ZOZOマリンでの12試合に、対象の小学生1人と保護者1人の2人1組で、合計2000組を内野指定席に無料招待する。

すでに千葉県教育委員会から各校を通じて案内済みで、受け付けも終了済み。15日には河合克美代表取締役社長オーナー代行が、千葉県教育委員会の沢川和宏教育長へ招待チケットを寄贈した。

球団は14年以降、7年連続で当事業を継続している。河合代表取締役社長オーナー代行は「今年も子どもたちを球場に招待をさせてもらうことができ、大変うれしく思います。コロナウイルス感染防止で遠足や運動会も中止になっていると聞いていますが、このプロジェクトを通して子どもたちにできる限り、夢や勇気を伝えていきたいと考えています」とコメントした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加