“毎日が地獄”の別府温泉を応援しよう ご当地グルメ弁当を東京の大分アンテナショップで

“毎日が地獄”の別府温泉を応援しよう ご当地グルメ弁当を東京の大分アンテナショップで

  • OVO
  • 更新日:2020/11/30

大分県別府市の温泉と言えば、「別府地獄」という言葉も広く知られている。噴気がモクモクと湧き上がり、含有物によってさまざまな色合いを見せ、はるか昔の大分の人々が「近づくことのできない土地」として“地獄”と呼んでいた温泉。大分県にとって大切な産業の1つであり、別府市は、就業者の約9割が宿泊業や飲食業を含む観光産業に携わっているという。そんな“毎日が地獄”の別府温泉も、今年のコロナ禍で大打撃を受けた。G

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加