速すぎる&怖すぎるすべり台!? 富士急ハイランドの新感覚アトラクション「FUJIYAMAスライダー」

速すぎる&怖すぎるすべり台!? 富士急ハイランドの新感覚アトラクション「FUJIYAMAスライダー」

  • GetNavi web
  • 更新日:2022/09/23

関連:都市型スポーツコミュニティの新しいカタチ! 人と自然にふれあえるフィットネス施設「BEACHTOWN 日比谷公園」

Withコロナがすっかり定着し、新しいライフスタイルが生まれゆくなか、さて、2022年下半期はどうなっていく……? これから流行る「ヒット確定モノ」を、各ジャンルのプロたちに断言してもらった。今回は“絶叫の殿堂”に現れた新アトラクション「FUJIYAMAスライダー」を紹介する。

※こちらは「GetNavi」2022年9月号に掲載された記事を再編集したものです。

【FUJIYAMAスライダー】全長120m、高低差55mを一気に滑降! 速すぎる&怖すぎるすべり台が爆誕

モノ知りインフルエンサー

No image

本誌レジャー担当

金子麻衣子

旅行ガイドブックの編集・執筆をしていたこともあり、旅行好き。子どもが大きくなったら、趣味のひとり旅を再開したい!

絶景の感動から絶叫の滑降へ日本最長で最恐のすべり台(金子)

No image

【アトラクション】

2022年7月オープン

富士急ハイランド

FUJIYAMAスライダー

利用料800円~(シーズンにより異なる)

富士山を望む地上55mの展望デッキから全長120mのコースを急降下する日本最長のチューブ型スライダー(※同社調べ)。先が見えない真っ暗なスライダーを専用のスライディングマットに乗って滑降する20秒間には、絶叫コースターとは異なるスリルが。

(問)0555-23-2111
(住)山梨県富士吉田市新西原5-6-1

No image

↑昨年夏に誕生した「FUJIYAMAタワー」の最上部に位置する展望デッキから真っ暗なコースを一気に滑降する

ヒットアナリティクス

No image

“絶叫の殿堂”に現れた新感覚のアクティビティ

「FUJIYAMA」や「高飛車」からホラーハウス「戦慄迷宮」まで、絶叫アトラクションの多彩なバリエーションこそが富士急ハイランドの魅力。そこに「FUJIYAMAスライダー」という新感覚のすべり台が加わったことは、全国の“絶叫ファン”を呼び込むきっかけになるはず!

GetNavi編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加