フルサイズニコン一眼レフ用のMFレンズ「COLOR-SKOPAR 28mm F2.8 Aspherical SLIIs」

フルサイズニコン一眼レフ用のMFレンズ「COLOR-SKOPAR 28mm F2.8 Aspherical SLIIs」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/09/15
No image

コシナは9月15日、交換レンズ「Voigtlander(フォクトレンダー)」ブランドの新製品として、フルサイズニコン一眼レフ用のMFレンズ「COLOR-SKOPAR 28mm F2.8 Aspherical SLⅡs」を発表した。ブラックリムとシルバーリムの2モデルを用意しており、両製品ともに10月発売予定。価格は71,500円。

コシナ、開放絞りでクラシックな写りが楽しめる「HELIAR classic 50mm F1.5 VM」

2016年に生産を完了した前モデル「COLOR-SKOPAR 28mm F2.8 Aspherical SLⅡN」のレンズ構成を受け継ぎつつ、フォーカシングユニットを一新した後継品。両面非球面レンズの採用で周辺までシャープな画質を実現したほか、繰り出し量の多いヘリコイドリングを備えることで、15cmでの近接撮影も行える。

鏡筒は総金属製で、古き良き時代を想起させる美しい外観と、マニュアルフォーカスにおける操作感を向上させる機能性を両立したという。マウントはニコンF Ai-S(CPU内蔵)に対応し、Aiカプラーも搭載。往年のフィルム一眼レフから最新の一眼レフまで、さまざまなニコン製ボディで利用できるという。その他の主な仕様は以下の通り。

対応マウント:ニコンF Ai-S(CPU内蔵)
焦点距離:28mm
レンズ構成:6群7枚(非球面×1)
絞り羽根:9枚
最小絞り:F22
最短撮影距離:0.15m
最大撮影倍率:1:2.3
本体サイズ(最大径×全長):66.3×32.8mm
フィルター径:52mm
重さ:205g

原修一郎

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加