浜辺美波「ウォァッ」吐き戻し動画大バズリと意外な「8年キャリア」

浜辺美波「ウォァッ」吐き戻し動画大バズリと意外な「8年キャリア」

  • 日刊大衆
  • 更新日:2021/04/08
No image

浜辺美波

4月6日から全国放送開始したお菓子メーカー『ロッテ』の『グリーンガム』新CM。女優の浜辺美波(20)が、ミント畑を舞台にロッテのガムはミントの瑞々しさにこだわっていることを説明してからガムをパクリ。爽快感を味わい、「初摘みミントーーー!」と爽やかに叫ぶ、透明感あふれるCMとなっている。

関連:浜辺美波『ウチ彼』に「コレじゃない」批判殺到も…「可愛いから許す」

「CMは浜辺の魅力で圧倒的に支持されていますが、撮影の裏側でも非常にチャーミングだったようです。同日に浜辺は公式ツイッターでガムをきれいに一口で食べる練習をしている4秒ほどの動画を投稿したんですが、これが6.7万いいねを記録する大バズリとなったんです」(女性誌記者)

浜辺はガムを口に入れたのだが、噛む前の板ガムは意外と固い。勢いよく入れたためか、口内の変なところにガムが当たり、「ウォァッ!?」と声を上げ、あわててガムを取り出す様子が映っていた。これについて《緊張して変なところに当たりました笑》と浜辺はコメントしている。

この動画については、

《リアクションめっちゃ可愛いです》《電気流れたみたいになってる笑笑可愛いいいい》《ガム食べるだけでこんなに可愛い子いない》

と、多くの反響が寄せられた。

■監督の心の声が漏れた?

「YouTubeの公式メイキング映像では監督が“はい、カット!”ではなく“はい、かわいい……カット!”としていたことから、《うっかり心の声が先に出ちゃった?》と指摘する声もありました(笑)。ただかわいいだけではなく、透明感も兼ね備えている浜辺ですから、無理もありませんね。

さらにファンにとって嬉しいことに、4月16日公開のアニメ映画『劇場版名探偵コナン緋色の弾丸』に浜辺が声優として出演する。つまり、露出の機会が増えるんですよ」(前出の女性誌記者)

『コナン』は日本テレビ系で放送している作品で、必然的に日テレで番宣の仕事も増えると思われる。時間帯が近いことからたびたび『コナン』とコラボする『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)では、3月27日の放送でコナン(着ぐるみ)と一緒に「真実はいつも一つ!」のポーズを披露するオフショットをツイッターに投稿していた。

「浜辺と言えば極度の天然で有名ですから、バラエティ番組での珍場面がいまから楽しみですよね。ただ、最近になってこれまでの浜辺のイメージと違う、意外な才能が話題になりつつあるんです」(前同)

■実はベテランエッセイストだった

近年、急速にブレイクした感のある浜辺だが、意外と芸歴は長い。彼女は2011年に当時10歳で『第7回東宝シンデレラオーディション』ニュージェネレーション賞を獲得したことで芸能界入りしたのだが、実はデビュー間もないころか仕事を続けていた。

「当時11歳だった12年8月から、19歳だった19年12月までの長期間、石川県の地方紙『北國新聞こども新聞』で連載コラム『浜辺美波のキラリ通信』を任されていたんです。トークでは、しばしば恐ろしいほどのポンコツ感をにじませる浜辺ですが、打って変わって等身大ながらも非常に美しいエッセイを書き続けていたんですよ」(専門誌記者)

これまでは、地方紙のためコアなファンしか読む機会がなかったが、今年3月30日に満を持してフォトエッセイ『夢追い日記』(北國新聞社)として、厳選された95回分の記事を一冊にまとめた本が出版されたのである。

「予約が殺到して品薄気味ですが、めでたく発売と同時に重版が決定しました。YouTubeには各メディアから公式のビデオメッセージを投稿しています。露骨にカンペをガン見しているんですが、《バキバキにカンペ見ながらだけど可愛いから許そう》というコメントがありました(笑)」(前同)

■読書家で、小説を書いてみたいと話したことも

19年7月21日に行われた集英社文庫の夏のキャンペーン『ナツイチ』のイベントに北村匠海(23)と一緒に登壇した際は、

「小学生のときに『ハリーポッター』を母に“読みたいから買って”とおねだりして読んでから読書をするようになりました」「いまは刑事ものや推理ものが好きで、東野圭吾さんや宮部みゆきさんの作品を読んでます」と、読書好きになったきっかけと最近の趣味を明かしている。

また、「書いてみたい本は?」という質問には、

「『昼寝のすゝめ』です。本を読みながらお昼寝するの好きなので。『学問のすゝめ』にかけて、真ん中の文字(ゝ)はこだわり。集中力アップにもいいはず」

と、意外な夢を明かしている。

「自分を“文才がない”と評していましたがエッセイは見事だし、今回のミントの件にしてもツイッターで、ネット用語で笑いを意味する“www”が草に見えることにかけて、《草生えてますねミントだけに。だめだ今日調子悪い》とのツイートもしていました。このセンスには期待してもいいのではないでしょうか」(前出の専門誌記者)

かわいさ、天然、透明感。これだけでも魅力的な浜辺だが、新たな武器が明らかになったようだーー。

松本人志もウンザリ!?フワちゃん「2年賞味期限切れ」と「銭ゲバ一面」!

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加