フロントに新開発のV型6気筒3.5L直噴i-VTECエンジンと高性能モーターを内蔵したホンダの人気セダン「レジェンド」

フロントに新開発のV型6気筒3.5L直噴i-VTECエンジンと高性能モーターを内蔵したホンダの人気セダン「レジェンド」

  • @DIME
  • 更新日:2020/10/18

ホンダ『レジェンド』 セダン編「知っておきたいクルマカタログ2020」

ホンダ『レジェンド』 7,205,000円(税込)〜

No image

ホンダ初のV型6気筒エンジンを搭載し、さらに初の3ナンバー仕様をラインナップする高級車として1985年10月に登場した初代。

その5代目が2015年2月に、同社のNSXと同様の3モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を採用して登場。

NSXとは逆の配置となる、フロントに新開発のV型6気筒3.5L直噴i-VTECエンジンと、高性能モーターを内蔵した7速DCT。さらにリアには、2つのモーターを配置するという計3つのモーターとエンジンの画期的なシステムを搭載。

No image

リアに最高出力27kWの走行用モーターを左右に備え、それぞれを独立して制御。エンジンのトルクに依存しないため、左右後輪の駆動力のみならず減速力をも自在に制御する高度なトルクベクタリングが可能で高い操縦安定性を実現。

関連情報
https://www.honda.co.jp/LEGEND/

※記事中のデータ等は2020年7月現在のものです。

文/土屋嘉久

クルマは走らせてナンボ!をモットーに、どんな仕事にも愛車で駆けまわる日々。クルマのほかにもグルメやファッション情報、また小学館Men’s Beautyでは、男性に向けた美容・健康法、化粧品情報なども発信。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加