原田大輔がトペで客席に頭から突っ込むも「大丈夫や!」と立ち上がり、DRAGONGATEのH・Y・Oに雪辱...NOAH横浜【週刊プロレス】

原田大輔がトペで客席に頭から突っ込むも「大丈夫や!」と立ち上がり、DRAGONGATEのH・Y・Oに雪辱...NOAH横浜【週刊プロレス】

  • BBMスポーツ
  • 更新日:2022/05/14
No image

14日、NOAH横浜大会のメインイベントで原田大輔がH・Y・Oに雪辱を果たした。

原田はNOAH4・29両国でDRAGONGATEのヒールユニット「Z-Brats」と6人タッグマッチで激突。自軍のアレハンドロがシュン・スカイウォーカーに敗れていた。

この日はZ-BratsのH・Y・Oと一騎打ち。試合開始早々から原田は気迫で押し込んでいく。15分経過少し前にトペ・スイシーダを放ったが、目測を誤ってH・Y・Oを飛び越えて、客席へ頭から突っ込んだ。

場内が凍りつき、心配そうにセコンド陣が駆けつけたが、原田は大声で「大丈夫や!」と叫んで、すぐに立ち上がると猛攻。最後は片山ジャーマン・スープレックス・ホールドで20分25秒の激闘を制した。

試合後、原田はマイクで「(4・29)両国でオレたちの差、めちゃくちゃ痛感しました。足りないものだらけでした。一つひとつ力をつけて、ジュニアだけのビッグマッチ、ジュニアだけの両国、これはあきらめてません。そこを目指してもっともっと、皆さんにオレたちの熱、プロレス、届けていきますので、これからもN Inovationよろしくお願いします! 今日はありがとうございました!」と大会を締めた。バックステージでは「今日勝って全部アイツらに借りを返したと思ってない。これで対Z-brats、対DRAGONGATE、終わりのつもりはない。ここから先、オレが自分で動いて、先の闘いを作っていきます」とも宣言。汚名返上へ向けて、力強い一歩目を踏み出した。

週刊プロレス編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加