[2022秋]デイリーにも使える! メンズ用ゴルフジャケット5選

[2022秋]デイリーにも使える! メンズ用ゴルフジャケット5選

  • FASHION BOX
  • 更新日:2022/09/22

MonoMaster New Equipment

『MonoMaster』で連載中の「MonoMaster New Equipment」。今回はゴルフだけではもったいない、幅広く活躍するゴルフジャケットを紹介する。

<今月のキーワード>“今”の普段使いに活躍するゴルフジャケット

近年のブームによって、プレーだけでなくファッション的にも注目が集まっているゴルフ。その傾向は、ゴルフウエアに新規参入するブランドが多いことからも読み取れる。特に今季の秋冬で注目なのが、普段着としても使いやすいゴルフジャケットだ。動きやすく暖かい特徴は、ゴルフはもちろん、ドライブや散策にも重宝する。今回は、幅広く活躍する最新ジャケットを紹介する。

BARACUTA(バラクータ)& Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)

No image

【右】¥57,200お問い合わせ先:バラクータ カスタマーサービスTEL:0120-165-006【左】¥64,900お問い合わせ先:ブルックス ブラザーズ ジャパンTEL:0120-02-1818

【右:BARACUTA】1950年代から変わらぬデザインのG9
1950年代のオリジナルモデルに近いフィッティングの“G9 アーカイブ”。オーセンティックなフィット感やポケットのフラップにあしらったラベル、懐かしくも今の気分に合うヴィンテージ感が特徴だ。通気性に優れたCoolmax(R)素材によるフレイザータータン柄のライニングが、快適な着心地を生む。

【左:Brooks Brothers】ガンクラブチェックが品の良さをプラスする
クラシカルなガンクラブチェックと上質なウール素材を使うことで、スポーティなデザインに上品さを加えたジャケット。ファスナーの引き手に使われたレザーやポケットを留める水牛ボタンなど、細部までこだわりを感じられる。襟裏のリブやラグランスリーブといった仕様が、動きやすさに繋がる。

TravisMathew(トラヴィスマシュー)

No image

¥27,500お問い合わせ先:TravisMathewカスタマーサービスTEL:0120-300-147

優れたストレッチ性で動きやすさと快適さを両立
2007年にサーフィンの聖地カリフォルニア州ハンティントンビーチで生まれたトラヴィスマシュー。アリゾナやヨセミテ国立公園の風景からインスピレーションを受けたアーシーな色使いが、ミリタリーテイストのデザインに映える。大きめのポケットや高いストレッチ性など機能性にも優れている。

beats per minute(ビーツ・パー・ミニット)

No image

¥17,600お問い合わせ先:ナノ・ユニバース カスタマーサービスTEL:0120-705-088

デザイン性の高いキルティングパターン
ナノ・ユニバースが展開するオリジナルスポーツラインであるビーツ・パー・ミニットのキルティングジャケット。独自パターンのキルティングを採用し、デザイン性と保温性を高い次元で実現している。ドローコードによって裾が絞れるため、風の侵入を防ぐとともにシルエットの変化を愉しめる。

St ANDREWS(セント・アンドリュース)

No image

¥27,500お問い合わせ先:セント・アンドリュースTEL:03-6748-0705

凹凸のある立体的な素材がソリッド地に表情を生む
フロントに付けられた長めのファスナーがアクセントになったフライトジャケットテイストのデザインを採用。凹凸感のあるドビー組織の素材はストレッチ性があり、裏地にもストレッチ素材を使用しているため快適な着心地が実現する。胸のケルト刺繍がミニマルなデザインのアクセントになっている。

撮影/村本祥一(BYTHEWAY)
スタイリング/栃木雅広(quilt)
(MonoMaster 2022年10月号)

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集/FASHION BOX

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加