書類をデータ化できるAI OCRサービス「Tegaki」に年額36万円のスタンダードプランが登場

書類をデータ化できるAI OCRサービス「Tegaki」に年額36万円のスタンダードプランが登場

  • ASCII.jp
  • 更新日:2021/04/06
No image

Cogent Labsは4月6日、AI OCRサービス「Tegaki」において、年額36万円で利用できる新プラン「スタータープラン」の提供を開始した。

Tegakiは、書類をスキャンしてデータ化、保存ができるAI OCRサービス。印刷された文字はもちろん、手書き文字も高精度かつ素早く読み取れるという。ウェブブラウザーのほかAPI連携での利用も可能で、APIを活用した連携ソリューションも多数用意する。

今回、帳票のボリュームが少なくてもTegakiを活用したいという中小企業などからの声を受け、新しい料金プランとしてスタータープランを追加したとのこと。スタータープランでは、月間1500枚程度(1帳票あたりの処理単価を20円/約20項目と仮定)を読み取り可能だ。価格は年額36万円(1ヵ月当たり3万円)。

■関連サイト

Tegaki

Cogent Labs

ASCII

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加