稲見萌寧2週連続Vならず 最終18番痛恨ボギー「また練習」

稲見萌寧2週連続Vならず 最終18番痛恨ボギー「また練習」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

7番、セカンドショットを放つ稲見(撮影・鈴木正人)

<国内女子ゴルフツアー:パナソニック・オープン>◇最終日◇2日◇千葉・浜野GC(6638ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)◇無観客開催

首位に2打差の2位から出た上田桃子(34=ZOZO)がプレーオフの末に自身通算16回目となる約2年ぶりの優勝を果たした。同スコアで大里桃子(22=伊藤園)と並んで迎えた“桃子対決”のプレーオフを2ホール目で制した。

◇   ◇   ◇

2週連続優勝を狙った稲見萌寧(21=都築電気)は、1打及ばず通算4アンダー、212で3位に終わった。一時は首位に並び、今年9戦目にして驚異的な5勝目にあと一歩まで迫ったが、最終18番で痛恨のボギーを喫した。それでも強風の中でも安定したショットは健在だった。「また練習して、上位にいければいいなと思います」。来週のワールド・サロンパスで国内メジャー初制覇を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加