U-17日本高校選抜が始動。DF保田成琉(阪南大高2年)「特長である左足や競り合いを最大限発揮してアピールしたい」

U-17日本高校選抜が始動。DF保田成琉(阪南大高2年)「特長である左足や競り合いを最大限発揮してアピールしたい」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/11/25
No image

24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。DF保田成琉(阪南大高2年)は合宿1日目の夜に合流。強烈な左足やヘディング、競り合いを武器にU-17高校選抜入りを果たした保田の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●DF保田成琉(阪南大高2年)

―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。

「最初は嬉しいなと思ったんですけれども、まだまだもっとやらないといけないと思いました」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?

「自分の特長である左足や競り合いを最大限発揮してアピールしたいなと思っています」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?

「空中戦が一番自分は自信があります。(リーグ戦でも)負けてはいないですね。(Jクラブへ)練習参加したときは競り合いする場面はあんまり無かったんですけれども1回、2回の機会では競り勝つことができました」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい

「準決勝は最後アディショナルタイムで得点できてチームの力に少しなれたと思うんですけれども、決勝のプレーはあまり特長とかも発揮できなかったのであまり良くなかったと思います。もっと思い切った攻撃参加とかボールを持ったときの落ち着きとかが足りなかったと思います」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?

「今回一緒に来ている大川佳風君とかポジションもSBですし、中学校の時にクラブユースで対戦して負けているので結構意識はしています」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?

「レベル高い選手が集まっていると思うので、その選手から色々なことを学んでチームに持ち帰って今よりももっとレベルアップしたいです」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2021

▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加