「そんなところに、佐藤天彦をやれるかよ...」“昭和最後の棋士”中田功が弟子に見ていた夢

「そんなところに、佐藤天彦をやれるかよ...」“昭和最後の棋士”中田功が弟子に見ていた夢

  • 文春オンライン
  • 更新日:2022/01/15

「師匠の考え方は古いと思います」反発心を隠そうとしなかった増田康宏六段が目頭を拭った“師匠の言葉”から続く

将棋界における師匠と弟子の関係性が注目を集めている。スポットライトが当たったのは、のちに将棋ペンクラブ大賞(文芸部門)を受賞した『師弟』(野澤亘伸著/光文社)の存在が大きかっただろうか。現在、ABEMA将棋チャンネルでは「第1回ABEMA師弟トーナメント」が放送されている。

【写真】中田功八段と佐藤天彦九段の写真をすべて見る

そこで、「第1回ABEMA師弟トーナメント」にも出場している中田功八段と佐藤天彦九段について、『絆―棋士たち 師弟の物語』(マイナビ出版)から一部を抜粋して紹介する。

東京での生活は荒れていた

東京で棋士として生活を送っていた中田功は、地元の福岡に帰省した際に、世話になった将棋道場の席主から一人の少年を紹介される。ひどい二日酔いの状態ながら、駒落ちで指導対局をすると予想以上に強い。「この子とは自分がちゃんとしたときに対局したい」。そう思った中田は帰省するたびに指導対局をするようになる。少年の名前は佐藤天彦といった。1年後、佐藤は奨励会受験を希望し、中田は師匠になってほしいと頼まれる。

「何の実績もないC級五段の自分には、弟子を取る資格はない」

棋士になって10年、中田功の東京での生活は荒れていた。将棋に勝てない。負ければ当然収入も少なくなり、好きな酒の量だけが増えた。本来なら棋士として指し盛りの年である。

「私はいつも問題を先延ばしにしてしまった。楽天的というか、悩むのが好きじゃないというか」

No image

中田功八段(左)と佐藤天彦九段(右)

親元を離れて、小学校卒業と同時に一人東京に出た。棋士を志すならば、中学生で下宿生活をするのは珍しくないことだった。地元の期待を背負い、18歳でプロデビューを果たす。順調だったことが、心に隙を生んだかもしれない。

競馬、競輪、そして麻雀。ゲームと呼べるものには才能があった。将棋以外の誘惑に浸る日々。宵越しの銭を持たぬほど飲み歩く。そんな生き様を「昭和最後の棋士」と呼ばれても、悪い気はしなかった。

棋界では羽生世代の台頭が新時代をもたらしていた。彼らの姿が遠く感じたのは、いつの頃からだろう。

「このままじゃまずい……」

「君もそろそろ弟子をとってもいいのではないか」

しかし生活は変わらなかった。深く思いを巡らせることから逃げていたのだ。

佐藤天彦には非凡な才を感じていた。あの子には、自分よりふさわしい師匠がいるはず。師・大山康晴十五世名人亡き後、中田が頼りとしていたのは兄弟子の有吉道夫九段だった。

「とても有望な子が奨励会受験を希望しています。先生の弟子にしていただけませんか」

有吉の返答は明快だった。

「君もそろそろ弟子をとってもいいのではないか」

兄弟子の言葉に、押し込めていた感情が込み上げる。本当は、自分は佐藤に夢を見ていたのではないか。

中田功29歳、佐藤天彦9歳。東京と福岡という離れた関係ではあったが、二人は師弟となった。

中田はそのことを最初に報告せねばならない人がいた。それから間もなく、東京・荻窪の大山夫人の元を訪れる。

大山邸は閑静な住宅街にあった。師の部屋からは襖や障子を開け放つと家全体が見渡せるようになっており、本棚には蔵書がびっしりと詰まっていた。冷蔵庫にはいつも来客用にビールが冷えており、中田は「一本いただきます」と言うと、自分で栓を抜いて洋間に座った。和室に上がることは滅多になかった。中学のときに夫人に叱られて、そこで正座をさせられたのを覚えている。

「あんたが師匠になるなんてねぇ」

夫人の声は嬉しそうだった。

佐藤は奨励会入会後、順調に昇級・昇段して中学3年で三段になった。卒業後、福岡を出て千葉に住むようになる。ネットで対局してきた渡辺明五段(現名人)と交友を持つようになり、深浦康市(現九段)、木村一基(現九段)から研究会に誘われた。弟子が関東のトップ棋士から声をかけられたことを知り、中田は喜ぶ。「もう私が出ていく必要はない。この3人なら最高の研究の場を与えてくれる。佐藤天彦を育てたのは彼らだと思いますよ。私はこれで心おきなく、お酒が飲めるようになりました」。そう言って笑った。

気持ちの中で何かが引っかかった

佐藤は三段リーグ4期目に、12勝6敗で2度目の次点となった。希望すれば、規定によりフリークラスとしての四段昇段が認められる。まだ16歳だった。

中田はこの日、連盟のサッカー部の合宿に参加していて、練習後にロッカールームに引き上げると佐藤が次点を取ったことがすでに話題になっていた。「おめでとう」と声をかけられる。フリークラス制度は1997年から設けられた規定で、行使して四段に上がった棋士はそれまでに1人。順位戦には参加できないという立場だが、プロ入り後に30戦して6割5分以上の成績をあげれば、参加が可能になる。ただ、中田の気持ちの中で何かが引っかかった。

「うまく言えないけど、気に入らない」

制度に対して批判する気持ちはない。ただ当初のフリークラスは、ベテランが順位戦をやめてシード権を持ったまま移行する制度という意味合いが強かった。若手が加入して対局や収入はどれくらいあるのか。規定の成績をあげてフリークラスを脱出し、順位戦に参加できるまで、何年かかるのか。当時は現在よりも棋戦の数が少なかった。

佐藤の両親に相談すると「師匠の判断にお任せします」という返事だった。中田は迷ったが、最終的には佐藤の気持ち次第だと思っていた。本人が四段昇段を希望すれば、止めるつもりはない。回答期限が1週間後に迫ったときに、佐藤と阿佐ヶ谷のステーキハウスで会った。

「どうする?」

中田の問いに佐藤は「どっちでもいいです」とあっさり答えた。困ったのは中田だった。

「えーっ、そうなのって感じでした。早くプロになりたいはずなのに、どっちでもと言われると、次の手が浮かばなかった」

中田は自分がフリークラス入りを迷う理由を佐藤に伝えた。順位戦に参加できるまで早くても2、3年はかかるだろう。現在の三段リーグには稲葉(陽、現八段)、糸谷(哲郎、現八段)、豊島(将之、現九段)といった俊英がそろっており、残って将来もライバルとなる彼らとしのぎを削るほうが、得るものが大きいのではないか。

聞き終えた佐藤は「わかりました」と答えた。そして、少し間を置いた後、新たな決意を込めるように言った。

「早くプロになりたいです」

先輩棋士からは「バカじゃないのか」

中田は言う。「彼が四段になれると確信していたわけではない。奨励会の地獄をたくさん見てきましたから。私の判断を聞いた先輩棋士から『バカじゃないのか』と言われました。名人は獲れなくても他のタイトルは狙えるんだぞと。それも正論ですよね。どちらの選択が正しかったのか、今でもわかりません」。

佐藤はフリークラスを見送った後、四段に昇段するまでに三段リーグ4期2年を費やした。

「プロになれば、公式戦にも出られてお金を稼ぐこともできる。それも大きなことですけれども、師匠がとても悩まれて、いろんな人に話を聞いて考えをまとめられたことでした。ありがたいことでしたし、その考えに納得しました。正直、それからの4期は長い時間でした。高校生のうちにプロになれず、両親に援助を続けてもらいました。あと1年くらいでプロになれなければ、続けていても仕方ないのかなと感じていました」

今回の取材で、中田には何度か話を聞く機会をもらった。フリークラスが当時といまでは状況が違うことも説明してくれた。中田は感情だけで、現実味のないことや、誰かを傷つけることを決して言わない。ただ、居酒屋で酒も回った後に、こう呟いた。

「フリークラスなんて、勝てなくなった棋士の救済措置じゃないか。そんなところに、佐藤天彦をやれるかよ……」

師への憧憬は、名人への思いでもあった

2015年度、佐藤は目覚ましい活躍を遂げる。王座戦と棋王戦の挑戦者になり、タイトル奪取こそならなかったが、この年度の最多対局賞、最多勝利賞、名局賞を受賞した。

そして2016年春、佐藤はA級1年目にして名人挑戦権を獲得する。

中田は言う。「昔はA級はタイトルのようなものでした。A級の10人、B1の13人って、すごい存在ですよ。佐藤君がB1に上がったときには、驚いたなぁ。想像していたよりもペースが早かった。それなのに何も言ってこなくて。楽しみにしているんだから、連絡くらいくれよと言ったんです。そうしたら翌年A級に上がりましたって。そのクラスにいけば厳しい目に遭うのが普通です。さすがに残留できればいいなと思っていたら、今度は名人挑戦でしょ。もう呆然ですよ」

笑いを挟みながら、中田はふと真面目な声になって言った。

「彼は私と違って物事を考えて、遥かに努力をしてきた。でもこの世界にはそんな奴はゴロゴロいるんでね。名人に絶対なるなんて思っていない。なれないかもしれないというのが、当たり前ですから」

中田は大山の弟子である。師への憧憬は、名人への思いでもあったはずだ。

「小学校の卒業文集に『名人になりたい』と書いた。自分の道は決まったと、福岡を飛び出してきた。地元の人たちに支えられて。棋士なら、みんな名人になりたいと思うのは自然なことでした。

大山先生は、じっと我慢した手を褒めてくれました。私は攻めきって勝とうとばかりしてきたから、師匠の教えを受け継いでいないというか。先生は佐藤君の将棋を見たら、とても褒めると思います。どっしりと構えていますからね」

羽生さんとは棋士番号が一つ違い

佐藤の羽生への挑戦は2度目になる。前回、王座戦での挑戦を中田は固唾を飲んで見ていた。

「一局一局をあんなに一生懸命観戦したことはありませんでした。プロは同業の誰が勝とうが関係ない。弟子以外に応援する棋士はいません。私と羽生さんとは棋士番号が一つ違いなので、四段になった頃は予選でよく対戦しました。でも、一度も勝てなかった。羽生さんを追いかける同世代もすごかったなぁ。私はだいぶ怠けてしまった。後悔はないですけども」

中田は羽生と公式戦で9度の対戦があるが、いずれも敗れている。

第74期名人戦は、挑戦者の佐藤が羽生を3勝1敗と追い込んだ。タイトル奪取に王手をかけた第5局を、中田は自宅の部屋で観ていた。四段になったとき、羽生はすぐ前にいた。しかし彼は19歳で竜王を獲ると、将棋界の頂へと登っていった。羽生に同世代が闘志を燃やす中、自分はどこか冷めていたように思う。もっと追いすがれば、よかったのかもしれない。

その背中を、いま自分の弟子が捉えようとしている……。

佐藤の勝利が決まったときは、一人タバコを吸っていた。立ち込める煙を見つめながら、夢を見ているような気持ちだった。

写真=野澤亘伸

◆ ◆ ◆

中田功八段と佐藤天彦九段の物語は、『絆―棋士たち 師弟の物語』(マイナビ出版)で全文が読める。また、「将棋世界」の連載をまとめた同書には、計8組の師弟が登場する。

(野澤 亘伸)

野澤 亘伸

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加