白鵬 新大関の正代とぶつかり稽古「勢いもらわないと」

白鵬 新大関の正代とぶつかり稽古「勢いもらわないと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

ぶつかり稽古で正代(右)に胸を出した白鵬

大相撲秋場所を右膝負傷のため全休した横綱白鵬(35)=宮城野=が16日、東京・両国国技館内の相撲教習所で始まった合同稽古に参加し、ぶつかり稽古で新大関正代(時津風)に胸を出すなど、元気いっぱいに動いた。

8月に右膝手術し長いリハビリ。合同稽古も参加を直前まで迷っていたが、「ぎりぎり間に合った」と言う。勢(伊勢ノ海)相手に踏み込み、当たりの確認も力強く再開した。

新型コロナウイルスの影響で禁止されていた出稽古の解禁。「久しぶりですね。気持ち良かったです。ぜひとも関取衆とぶつかりとかをね。久しぶりだと思って。3月の場所前からですからね。3月頭だから7カ月ぶりかあ。本当にありがたい」と久々の出稽古の雰囲気を味わい、充実の口ぶりだった。

患部の回復具合も一時は「焦って」腫れるアクシデントもあったが、「今は順調。ここにきてそういうのがないので」と、この日も十分な手応えを得た。新大関には昇進祝いの胸出し。「勢いあるから、こっちも勢いもらわないと」と笑った。

一方、秋場所後の横綱審議委員会(横審)で委員らからは横綱鶴竜とともに休場の多さに苦言を呈された。万全な状態で11月場所(11月8日初日、東京・両国国技館)に出場することも求められ、次にふがいない結果なら「激励」、「注意」、「引退勧告」のどれかの決議を取ることも示唆された。

厳しい意見に対し白鵬は「まあ、長年やってきてね。休まずにきてたわけだから、やっぱり30(歳)を超えてね、どうしてもけがが増えてしまう。古傷が悪くなってしまうというのがあってね、今回も重ね重ねですね。古傷、新しいけが。とにかく治して務めたいという気持ちはやまやまありますし、それに応えていきたいと思う」と再起を誓った。

合同稽古でもしっかりと入念に基礎運動を繰り返し、若い力士の見本となった。「力士代表だから。顔を出すというのがね。出稽古がないという状態が続いて番付上の人が来たら引き締まりますから。そういった意味では下を育てる、引っ張ってあげるのも一つの役目だと思います」と、うなずいていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加