“グレースウェットパンツ”に変化あり!今お洒落に敏感な人が選ぶのはこのタイプ!

“グレースウェットパンツ”に変化あり!今お洒落に敏感な人が選ぶのはこのタイプ!

  • Safari Online
  • 更新日:2021/10/22

スウェットパンツは使い勝手のいい定番グレーが人気だけど、ここにきてシルエットに新たな変化が。これまでのスウェットパンツといえば、細身でテイパードしたスタイリッシュ顔が主流。でも最近はセレブたちを中心に、1990年代を彷彿とさせる太くてゆったりしたシルエットに次第にシフト。快適なうえにさらにゆる〜い雰囲気を楽しむことができるってことで、とにかく人気の傾向に!

No image

また、シルエットとともに変わったのが裾のデザイン。細身テイパードはすっきり見えする太リブ仕様が多かったけど、太めシルエットは裾がシャーリング仕様のタイプが多いよう。これは足元に“たまり”を作る効果があり、ゆる〜い雰囲気をさらに加速させる効果が期待できるもの。ハードなライダースのハズしにしたり、上下スウェット姿ではリラックス感たっぷりの着こなしに仕上がるなど、意外と使い勝手もいい。コレ、グレースウェットパンツの鮮度アップにも有効となれば、注目しないわけにはいかない!?

[ノア]
NOAH

No image

ウエストライン入りスウェットパンツ2万6180円(ノア/ノア クラブ ハウス)

視覚的に脚を美しく見せる
ピンタック入り!

元〈シュプリーム〉のデザインディレクターが手掛ける〈ノア〉は、2015年にデビューしたNY発のストリートウエアブランド。こちらのスウェットパンツは、ウエストの太ボーダーによる切り替えが目を引くデザイン。ピンタックとファスナー仕様のヒップポケットのおかげで、太めのたっぷりとしたシルエットながらもすっきりとした印象で穿きこなせる。

[スコッチ アンド ソーダ]
SCOTCH & SODA

No image

スウェットパンツ1万8150円(スコッチ アンド ソーダ/コロネット)

ゆるさとすっきり感が
絶妙な塩梅で融合された1本!

太めシルエットが今どきとはいえ、多少の抵抗がある人もいるはず。ならば、〈スコッチ アンドソーダ〉がおすすめ。ほかに比べるとすっきりとしたシルエットで、太めに抵抗がある人も取り入れやすいちょうどいい太さ。ブラウンがかったグレーの発色も絶妙で、メランジグレーとはひと味違うこなれた雰囲気。地球環境に優しいオーガニックコットン製で、心地よい肌触りが楽しめるところも見逃せない。

[チャンピオン]
CHAMPION

No image

グレースウェットパンツ1万6500円(チャンピオン/ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター)

ブランドの代名詞的な製法で
穿き心地と機能性を両立!

〈チャンピオン〉ならではのリバースウィーブ製法をスウェットパンツにも採用。これは縦方向に使われる生地を横方向に使用することで、動きやすさやリラックスした穿き味はそのままに、縦方向への生地の縮みを防ぐ効果がある。脚の部分に比べると腰まわりはフィットするように作られていて、ディテールで部屋着と差別化を図りやすいというのも高ポイント。

[スイコック]
SUICOKE

No image

裾ドローコードスウェットパンツ2万3100円(スイコック/オージーストア)

シルエットや表情を変えられる
ドローコード仕様の裾!

〈スイコック〉初のスウェットシリーズから、シンプルに徹したデザインのスウェットパンツをピックアップ。スウェットはカナダのルーパ・ニッティング・ミルズ製で、目の詰まった肉厚で重厚感ある生地感が特徴。裾はドローコード仕様になっているので、スタイリングや気分によって裾のデザインを自在に変えられる。着こなしの幅もより広がりそうじゃない?

INFORMATION

オージー ストア
TEL:03-6456-4422

コロネット
TEL:03-5216-6518

ノア クラブハウス
TEL:03-5413-5030

ヘインズブランズ ジャパン カスタマーセンター
TEL:0120-456-042

写真=丸益功紀 スタイリング=榎本匡寛 文=近間恭子
photo : Kouki Marueki(BOIL) styling : Masahiro Enomoto(remix) text:Kyoko Chikama

Safari Online 編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加